文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

女優 大谷直子さん

一病息災

[女優 大谷直子さん]悪性リンパ腫(2)がん細胞転移 背骨が圧迫骨折

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 NHK連続テレビ小説の後も、「雪国」「天城越え」「橋のない川」などの名作を演じていった。「若かったのに、よくやったなと思っています」

 2回の結婚で、3人の子の母となった。夫と別れ、一人で育てた。女優、子育て、一家のあるじの一人3役で、「一家を背負う重圧感は大変なものでした」。

 それは、健康面にも表れてきた。30代半ばから、ひどい肩こりや、腰痛に悩まされるようになった。朝、起きるのがつらくて、頻繁にマッサージに通った。

 「体の不調が続くのは、更年期のせいかな、とも思うようになりました」。ついに2007年、57歳の時に大きな異変が起きた。

 テレビドラマのロケのため長野県に出掛けて、大好きなビールを飲んだ。とてもまずく感じて、飲めなくなった。2、3か月後、背中が痛み出した。病院でのエックス線検査で、背骨が圧迫骨折していたことがわかった。医師は「今すぐに」と精密検査を受けるよう指示した。

 大学病院に行くと、「このまま入院してください。病理検査のため、おなかにメスを入れます」と言われた。検査で、血液の白血球に含まれるリンパ球ががん化する「悪性リンパ腫」と判明した。がん細胞が骨に転移して、背骨が圧迫骨折していた。臓器も腫瘍に圧迫されて、「内臓はぐちゃぐちゃだったそうです」。

 

 女優 大谷 直子(おおたに なおこ)さん(64)

 

【関連記事】

悪性リンパ腫(1)57歳で「血液のがん」に(2015年3月26日)

大谷直子さん 悪性リンパ腫(3)抗がん剤治療 体重33キロに(2015年4月9日)

大谷直子さん 悪性リンパ腫(4)闘病生活 老境の役作りに(2015年4月16日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

女優 大谷直子さん

最新記事