文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

オトコのコト 医師・小堀善友ブログ

妊娠・育児・性の悩み

動物のオスとは違う?人間のオトコの性行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ヒトは、ほかの動物と全く異なった性行動をするのをご存じですか? 例えば、私たちが当たり前だと思っている一夫一妻制は、人間と本当に限られた哺乳動物でしかありえない制度なのです。

 ヒトは地球上に約4300種いる哺乳動物の1種にすぎません。まずは、哺乳動物の標準的な性的特徴をご説明します。


 ジャレド・ダイアモンドの『人間の性はなぜ奇妙に進化したのか』(草思社、2013年)によれば、哺乳動物には次のような共通の特徴があるといいます。

・核家族を作らない
・大人のオスとメスがつがいとなり、ともに子どもを育てるという方法を採らない
・少なくとも子育てのあいだは、オスもメスも単独で行動する
・オスとメスが出会うのは交尾のときだけである
・オスは子育てをしない(オスは精子を提供するだけの存在である)



 動物のオスというものは、人間のオトコと比べると、なんとも自由そうですね。

 ダイアモンドは哺乳動物の配偶システム(簡単に言えば、性行動のパターンです)についても説明しています。たとえば、チンパンジーの配偶システムはハーレムで、オス1匹が複数のメスを相手にしたり、オスとメスが乱交したりします。メスは排卵期(発情期)になると排卵シグナルを出して――ヒヒのばあい、お尻が赤くなります――、そのときだけセックスをします。排卵したときにセックスをすれば、赤ちゃんを残すのに効率がいいわけです。

 ご存じのように、ヒトには排卵シグナルはありません。例えば、ヒトの女性も排卵日だけお尻が赤くなったりすれば、排卵日に合わせてセックスをする不妊治療・タイミング法は楽ちんだな、なんて考えたりしますが、そうは簡単にはいかないわけです。そのため、ヒトには発情期もないわけですね。中には年中発情期の人もいるでしょうが。

 しかし、排卵シグナルには負の側面もあることがわかりました。自分がセックスする前に、別のオスがセックスしていたことがわかると、生まれてきた子どもを次のオスが殺してしまうことがあるそうです。その理由は、生まれてくる子どもが自分の遺伝子ではないから。

 それを防ぐにはどうすればいいか。ハーレムの状況のまま、排卵シグナルを隠してしまえばよいのです。排卵を隠せば、多くのオスが性的恩恵を受けます(メスと性交する)。それと同時に、誰が父親かわからなくなる(自分が父親であることを多くのオスが確信する)ので、オスが子育てに励む(子殺しが防止される)ようになるのではないかということです。

 さらにヒトでは、ハーレムという配偶システムをやめて、一夫一妻制が基本になりました。これは、ただ子どもを殺させないためだけでなく、父親を家にとどまらせるためではないかと推察されています。子どもが成人するまで約20年間、母親が1人で育てていくというのは大変だから、父親の力も借りることにしようということなのです。以上がこの本よりの引用ですが、非常に興味深い内容でした。

 当たり前だと思っていた一夫一妻制も、他の動物と比較すると興味深い側面があることがわかります。そして、文化的な動物である(特に先進国の)ヒトは、本来の生殖年齢よりも遅い時期に結婚することになり(晩婚化)、それに伴って不妊症に悩むことになったのです。なんとも皮肉な結果であろうかと考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

オトコのコト_小堀善友顔120px20150821

小堀善友 (こぼり よしとも)

泌尿器科医 埼玉県生まれ

2001年金沢大学医学部卒、09年より獨協医科大学越谷病院泌尿器科勤務。14年9月から米国イリノイ大学シカゴ校に招請研究員として留学。専門分野は男性不妊症、勃起・射精障害、性感染症。詳しくはこちら
主な著書は『泌尿器科医が教えるオトコの「性」活習慣病』(中公新書ラクレ)。詳細はこちら

オトコのコト 医師・小堀善友ブログの一覧を見る

5件 のコメント

ヒトは哺乳動物の特別な存在

めざめたじいさん

 哺乳動物がもつ共通の特徴はその通りだ。 しかし、ヒトは家庭を作り、家庭が集まって集落を造る。だんだん規模が大きくなり国を造る。 繁殖システムを...

 哺乳動物がもつ共通の特徴はその通りだ。
 しかし、ヒトは家庭を作り、家庭が集まって集落を造る。だんだん規模が大きくなり国を造る。
 繁殖システムをみると、ヒトの社会は基本的に男性が女性とその子供に対して社会的、経済的な保護を投資として与える構造を持っているので一夫一婦制が原則だ。性行為は、夫婦か合意の上で行うのが原則。夫婦でも、合意がないとレイプに当たる。

 ヒトは、健全な社会生活を営むために、性に関して「猥褻」なる基準を設け、公の場で性器を露出すると猥褻物陳列罪として罰を与える。ヒト以外のほ乳類には適応されない。かつてあった「姦通罪」も社会の秩序を乱さないためだった。社会の変化によって公序良俗に変化が起きる。

>動物のオスというものは、人間のオトコと比べると、なんとも自由そうですね
 一見自由そうに見える動物のオスにも大きな悩みがある。力の強いオスがメスを独占し、ハーレムを作るが、力の弱いオスは一生独身。ヒトでも財力に任せお妾さんを数人囲っていたのを知っている。財力のないヒトでも結婚は出来た。

 落語の貧乏長屋ではないが、「貧乏人の子だくさん」の時代が、より動物的な生き方だったのではないだろうか。少子化大臣も必要ないし、高齢化社会になることもなかったのだから。

  

 

つづきを読む

違反報告

人間で良かった

たそがれ親父

私は確実に一夫一妻制の恩恵を受けています。強靭な肉体も飛びぬけた能力も持ち合わせていません。自然界なら子孫を残すことは出来なかったでしょう。不妊...

私は確実に一夫一妻制の恩恵を受けています。
強靭な肉体も飛びぬけた能力も持ち合わせていません。
自然界なら子孫を残すことは出来なかったでしょう。
不妊でもない限り相方に自分の子を産んでもらえるわけですから嬉しいことです。
他人から、私に似ていると言われると安心します。

もしも人間以外を選ぶことになったなら・・・鮭科の魚にします。
産卵時のペアの近くで射精をすれば子孫を残せますので・・・。
なんか空しいですね。

つづきを読む

違反報告

哺乳類以外も

オトコのトコ

哺乳類以外の性の有り様についても話題にしていただけると面白いです。例えばメスと一体化するアンコウや、単為生殖する動物、更にはそもそも性別ができた...

哺乳類以外の性の有り様についても話題にしていただけると面白いです。

例えばメスと一体化するアンコウや、単為生殖する動物、更にはそもそも性別ができた意味まで。

私は性別ができた意味は多様性の確保だという考えです。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事