文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

女優、エッセイスト 池波志乃さん

一病息災

[女優、エッセイスト 池波志乃さん]あごの骨髄炎(4)11時間半に及ぶ難手術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 11時間半に及ぶ、本当に長い手術になった。

 のど元から切開し、虫歯菌が侵食して炎症で壊死えしした左の下あごの骨を、医療用ノコギリで切り取った。そこに、自分の肩甲骨の一部を切り取り、移植した。

 顔がゆがみ、変形する可能性もあることを、医師から事前に伝えられていた。53歳の女性として、決断が迫られる難手術だった。

 ようやく歯とあごの痛みから解放されたが、肩の骨を切ったので、左手が動かなくなった。今回も芯の強さを発揮し、1か月の懸命なリハビリを続けた。

 今ものど元に残る傷痕が、大変な手術だったことを物語る。「実は、まだ唇の感覚がないので、鏡を見ないと口紅がつけられません」

 女優の仕事からは離れているが、テレビ出演は続いている。夫婦での登場依頼にも応じる。時々、エッセイストとして筆をとる。そして、主婦の仕事。得意な料理作りには、さらに磨きがかかり、「家事も、掃除、洗濯など、みな良い美容体操になるので、若い頃から苦になりません」。

 夫婦それぞれに経験した大病を乗り越え、ちょうど今日、還暦を迎えた。沖縄通いも続けているが、「夫婦2人で鈍行列車に乗って、ゆっくり国内旅行をしようと思っています」。(文・斉藤勝久、写真・飯島啓太)

 

 女優、エッセイスト 池波 志乃(いけなみ しの)さん(59)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

女優、エッセイスト 池波志乃さん

最新記事