文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宋美玄のママライフ実況中継

コラム

川崎中1殺害、なぜ「自己責任論」で被害者の母を非難

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
短い髪を結んでほしがる娘

 すっかり春めいてきましたね。花粉がたくさん飛んでいるようなので、娘には花粉症予防のためマスクをつけてほしいのですが、嫌がってすぐに外してしまいます。また、日差しがとても強いため、顔にベビー用のUVカットクリームを塗るのですが、保育園に着くとママと離れるのを嫌がって涙でクリームを流し去ってしまいます。地球環境とうまくやっていくための親心が効力を発揮するのはいつごろになるのでしょうか…。

またしても…シングルマザーをやり玉に

 先月20日に川崎市で中学1年生の上村遼太さんが殺害された事件が日本中に衝撃を与えています。私も胸がつぶれる思いで、ニュースを見るのもつらいです。犯行の残忍さもさることながら、上村さんが犯行グループから度々暴力を受け、顔などに傷を負っていることに複数の周囲の人が気付いていたり、上村さんが「殺されるかもしれない」と言っていたりしたことから、「なぜ救うことができなかったのか」と悔やむ声が多いです。地域柄のことなどは分かりませんが、学校、友達、家庭など上村さんの周囲の人たちにできることはなかったか、と考えるのは当然の感情だと思います。

 ところが、一部の人たちの間で上村さんの母親を非難する声が上がっていると聞き、「またか…」と暗い気持ちになりました。以前、幼い子どもがベビーシッターの男に殺されるという事件が起こった時も被害者の母親がやり玉にあげられましたが(以前の記事「ベビーシッター事件、責められるべきは母親か?」を参照してください)、既視感を感じます。

他者の立場、理解したいという気持ちがあれば…

 被害者も加害者も未成年という事件で、保護者の存在に目を向けるのは分かりますが、百歩譲って親を責めるにしても、なぜ加害者ではなく被害者の母親なのでしょう。上村さんの母親は通夜の日に弁護士を通じてコメントを発表していますが、このような事態になってしまったことをとても悔やんでおられますし、女手ひとつで子どもを育てるために朝早くから夜遅くまで一生懸命働いていたため子どもと十分に接する時間が無かった様子がうかがえます。シングルマザーに対し自己責任論的な厳しい意見を持つ人は以前から少なくありませんが、安全圏から、最も傷ついて悔やんでいるであろう被害者の母親を責められるのはどのような神経の持ち主なのでしょうか。

 人は様々な理由で離婚したり、シングルマザー・シングルファザーになったりします。そのすべてが回避したり我慢したりすることが可能な理由ではないし、むしろDVやモラハラのように我慢して婚姻関係を保つことが子どもにとって悪影響となり得ることだって多いです。また、実家とは絶縁状態だったり、経済状態がよくなかったり、むしろ親の方が頼ってきたりすることもよくあり、シングルで子どもを育てる人に頼れる実家があるとは限りません。シングルマザーの貧困、子どもの貧困という決して自己責任や怠慢なだけではない背景については長い間社会問題となっているので関連書籍やインターネットの記事も多く、少しでも他者の立場を理解したいという気持ちがあればその助けとなるものは簡単に手に入ります。

「正論」と称してSNSで糾弾、見識不足を自覚して

 これに限らず社会に根ざしている問題をいつまでも「心構え」や個人の努力でなんとかなるはずだと言い続ける人は、想像力も勉強する力も両方ないことをアピールしているのと一緒だと思います。残念ながら、私の使っているSNSでは、社会的に恵まれ、いろんな意味で強い立場にいる人ほど「正論」と称して個人責任を糾弾するのが多くみられます。人は持って生まれた恵まれしものは当然と捉え、自分の努力で得たものは過大評価しがちなものです(医師にそういった人が多いのも自然なことなのかもしれません)。

 しかし、著名人でなくとも、自分の考えを身内や世界中にSNSで発信できる今、見識の足りなさを露呈する結果になっていないか、少し気をつけた方がいい時代なのかもしれないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

son_n_400

宋 美玄(そん・みひょん)

産婦人科医、医学博士。

1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら

このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)。

宋美玄のママライフ実況中継の一覧を見る

76件 のコメント

コメントを書く

全く同感です

ミホ

匿名で絶対に安全な場所から、事情も知らない他人を批判する、このネットによるバッシングブームは何なのでしょうね。何故加害者ではなく被害者を責めるの...

匿名で絶対に安全な場所から、事情も知らない他人を批判する、このネットによるバッシングブームは何なのでしょうね。何故加害者ではなく被害者を責めるのか。弱っている人を叩きのめすのがそんなに楽しいのか。日本から絶対にいじめもパワハラもなくならないのかと、悲しくなります。うんざりします。
こんなご意見をたまに見かけることが救いです

つづきを読む

違反報告

あなたは正しいですか?

HY

人を批判しているあなたは、正しい人間ですか? 誰にも批判されない生き方をしていますか?正しくあろうとすることは間違いではないと思います。 しかし...

人を批判しているあなたは、正しい人間ですか? 誰にも批判されない生き方をしていますか?正しくあろうとすることは間違いではないと思います。
しかし親も人です。完璧な親は存在しません。子供を持つ親で自分は完璧だと思っている人がいたら、その人は自惚れです。子供を育てるということは簡単ではありません。あなたのご両親は完璧な親ですか?
批判することは悪いことじゃないとは思います。でもそこに愛はあるでしょうか?
批判を受ける相手にも思いやりを持って欲しいです。その人がどう生きてきたのか考えてから批判して頂きたい。
言葉はときに刃になります。足らなくても多すぎても。正義をかざすなら、言葉にも正義を持たして欲しいです。

つづきを読む

違反報告

子を失った親がこれ以上

ten

子を失った親がこれ以上、何を言われるべきなのか。 仮に何らかの落ち度が親にあったとして、これ以上の受けるべき報いが親にあるというのか。 これは、...

子を失った親がこれ以上、何を言われるべきなのか。
仮に何らかの落ち度が親にあったとして、これ以上の受けるべき報いが親にあるというのか。
これは、単に感情論としていうのではない。子を失うという罰を受けた親の償いが未だ不足というべきであるとは、社会的にも倫理的にも甚だしくバランス感を欠くという思いからだ。
「子供を守るために親が子を正しくしつけないといけない」
なるほど、これ以上の正論はないだろう。
しかし、その正論が遺族の胸をさらにえぐるリスクを冒してまで、世の中にさらに発信されるべきメリットがどれほどあるといえるのだろうか。
私は、こういうのは、「良識という悪」とでも言えるのではないかと思う。
誰かを傷つける意図や悪をなそうとする意図が発信者本人になくとも、そのような
主張が数を増すと、それが世間の憎悪となって誰かを(場合によっては致命的に)傷つけることになる。確かに発信者一人一人にとっては、本人の主観においても、客観的にも、ほんの少しその悪に貢献したに過ぎないのだ。しかしながら、その発信者一人一人がそのような主張をしなければ、他人をそのように傷つけることはなかったのだ!

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事