文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

女優、エッセイスト 池波志乃さん

一病息災

[女優、エッセイスト 池波志乃さん]あごの骨髄炎(3)大学病院で病名判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 沖縄のセカンドハウスに滞在していた2006年のことだ。前日はだるく、風邪気味だった。突然、まぶたが開かなくなり、手足もマヒして動けなくなった。救急車で運ばれた。

 難病の「フィッシャー症候群」と診断された。再び歩けるようになるまでに、リハビリで1か月かかった。「当時、がんの末期だった母まで沖縄に来てくれて。母はその後、亡くなりました……」

 翌年、今度は夫の中尾彬さんが大阪で倒れた。急性肺炎で、熱は40度に達し、急性腎不全に不整脈などを併発。東京から駆けつけたが、「助かる可能性は20%」と医師から聞かされた。

 「私自身まだフィッシャー症候群から回復したわけではなかった。目の焦点が合わず、先生が説明のため示す写真や図がよく見えませんでした」。無理をしながら大阪に泊まり込み、誰のお見舞いも固辞して、一人で夫の看病を続けた。

 10年ほど前から続く、歯と下あごの痛みは、さらにひどくなった。08年には「クギを打たれたような、気絶しそうな激痛」になった。唇もしびれるようになった。何人もの歯医者に診てもらっていたが、最後は大学病院に駆け込んだ。

 やっと病名がわかった。虫歯菌があごの骨に侵入して化膿かのうした「慢性硬化性下顎かがく骨骨髄炎」。長時間の大手術が必要な、大変な症状になっていた。

 

 女優、エッセイスト 池波 志乃(いけなみ しの)さん(59)

【関連記事】

池波志乃さん あごの骨髄炎(4)11時間半に及ぶ難手術(2015年3月19日)

・池波志乃さん あごの骨髄炎(2)数か月おき 激痛襲う(2015年3月5日)

池波志乃さん あごの骨髄炎(1)虫歯から細菌 苦しみ10年(2015年2月26日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

女優、エッセイスト 池波志乃さん

最新記事