文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

わいず倶楽部 健やかライフ

yomiDr.記事アーカイブ

ロコモ予防(下)「ロコトレ」で無理せず予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 前回は、ロコモティブシンドロームの自己診断を紹介しました。「ロコモチャレンジ!推進協議会」は、ロコモ予防策として「ロコトレ」を推奨しています。

 ロコトレは、▽開眼片足立ち▽スクワット――の2種類。開眼片足立ちは、転倒防止のために手すりなどにつかまり、床に着かない程度に片足を上げます。これを左右1分間ずつ1日3回行います。

 スクワットは、椅子に腰掛けるようにお尻をゆっくり下ろします。まず、お尻を軽く下ろす程度から始め、ひざは90度以上曲げないようにします。深呼吸をするペースで5、6回の繰り返しを1日3回。支えが必要な人は、椅子に腰掛けて机に手をついた状態で腰を浮かします。いずれのロコトレも無理をせず行いましょう。

 さらに、「ロコモ度テスト」があります。▽高さ10~40センチの台に座って脚力を試す「立ち上がりテスト」▽できるだけ大股で2歩歩いて筋力やバランスを調べる「2ステップテスト」▽体の痛みなどの質問に答える「ロコモ25」――です。

 推進協議会は、啓発や実践に協力する「ロコモメイト」を募っています。(講師は冨士武史・大阪病院副院長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

わいず倶楽部 健やかライフの一覧を見る

最新記事