文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「粉瘤」放置してもよい?

 娘(25)のへその上あたりにしこりが見つかりました。痛みがあり診てもらった医者から粉瘤ふんりゅうと言われました。薬を飲んで痛みは落ち着いたようです。先生からそんなに大きくないので様子を見るよう言われたようですが、放っておいてよいでしょうか。(53歳女性)

赤く腫れ上がったら治療を

海老原 全(たもつ) 慶応大皮膚科准教授(東京都新宿区)

 粉瘤というのはアテローマとも呼ばれる、袋状のできもの(嚢腫のうしゅ)です。体の毛がある部分にはどこにでも出来る可能性があり、一般的に最もよく見られる良性の皮膚の腫瘍です。

 袋状の部分は線維成分で、中にはあかと同じような物質が詰まっています。大きさは1~2センチぐらいで、少し盛り上がり、触れると中に塊があるように感じます。中心に黒い点のような開口部があり、そこから臭いの強いペースト状の白い物質が出てくることがあります。毛の生え際が詰まったり狭まったりすることで出来るといわれています。けがで皮膚の一部が中に入り込んだり、ウイルスに感染したりして生じる例もあります。

 普段は皮膚と同じ色で痛みもありませんが、急に赤く腫れ上がり、痛みが出ることがあります。このような状態を感染性粉瘤あるいは炎症性粉瘤といいます。袋状の壁が破裂し、中のペースト状の物質が周囲に放出され、細菌が侵入するのが原因です。それを排除しようとする好中球も集まり、うみが混じります。感染性粉瘤の時期には抗生物質を内服したり、切開して膿を出したりする必要があります。

 感染性粉瘤の場合以外では、急に大きくなることはなく、悪性化する可能性もまずありません。放置しておいても通常は問題がありません。根治的な治療としては嚢腫を摘出する手術があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

読売IDを取得し、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方が利用できます。
下の「会員登録」のボタンをクリックして、手続きしてください。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談には、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。電話相談は、読売新聞を購読されている方で、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方のみご利用できます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。