文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

空き家の解体 支援充実…費用比較サイト、銀行ローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「解体無料見積ガイド」が紹介した業者による空き家の解体(アールアンドエーブレインズ提供)

 空き家が防犯面などから問題になる中、所有者による取り壊しを支援するサービスが広がっている。

 解体業者を比較検討できるサイトや、費用を貸し付ける銀行ローンも登場。解体しない場合も、近所迷惑にならないよう、定期的な見回りと手入れを代行するサービスが充実してきた。

 静岡県に住む男性(49)は今年5月、千葉県内にある木造2階建ての実家を解体した。母親と同居を始めた4年前から、実家は空き家になっていて、防犯面で不安があった。今年1月に母親が亡くなり、相続したのを機に解体を決めた。

 地元の解体業者2社に見積もりを出してもらったが、価格が適正かわからず判断できずにいたところ、インターネットで解体業者を紹介するサイト「解体無料見積ガイド」を見つけた。紹介を受けた3社の中で、最も安い120万円の工事金額を提示した業者に依頼。妻は「費用を抑えたかったので複数の業者を比較検討できてよかった」と話す。東北地方にある妻の実家も、サイトで紹介された業者に解体してもらう予定だ。

 このサイトを運営するアールアンドエーブレインズ(東京)によると、全国の約600業者がサイトに登録。従来、自宅の新築に伴って元の家を取り壊すのに利用されるケースが多かった。今年に入り、「空き家を解体したい」との問い合わせが増え、12月上旬までに450件近くあった。昨年と比べてほぼ倍増。社長の鈴木佑一さんは「役所などから撤去を依頼され、解体を検討するケースが多い」と話す。

 空き家が問題になっている地域では、解体費用を賄うローンも始まった。秋田銀行(秋田)は6月、「空き家解体ローン」の取り扱いを開始。融資金額は10万~200万円で、返済期間は6か月~5年。金利は年2・0%(変動金利、12月現在)で、提携する県内14市町村の解体事業補助金を受給している場合には、金利が1・7%になる。広報担当者は「解体しようにも負担感は大きく、ローンへの期待は高い」と話す。

 北都銀行(秋田)の「空き家活用ローン」は、解体費のほか、解体後の駐車場整備費や、解体せずに賃貸する際の改築資金としても使える。

 ただし、解体すると、固定資産税が上がるため、踏み切れないケースもある。そこで、空き家の管理代行サービスも広がりを見せている。地域のNPO法人などが引き受けていたが、企業も参入している。

 大東建物管理(東京)は月に1度、空き家の窓を開けて換気をしたり水道の通水をしたりするほか、簡易清掃や郵便物の整理を行うサービスを全国で展開。費用は月額1万円(税抜き)。同様のサービスは、東急リバブル(東京)が首都圏と関西で、三井不動産リアルティ(東京)も首都圏で行っている。綜合警備保障(東京)のサービスは、センサーを使い、侵入者の監視を追加することもできる。(西内高志)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事