文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

元記者ドクター 心のカルテ

yomiDr.記事アーカイブ

精神療法の実際(3)…「生きていても仕方がない」患者の苦悩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「何をやっても、意味がないし、気力が出ません」
 「生きていたって、仕方ありませんよ。死んでしまいたい」
 「“うつ”を治したいから、こうして何年も精神科に通っているんです」

 再診に訪れるなり、くだんの男性は、ぶぜんと言い並べた。

 にらみつける眼差しで、「窮状はわかったでしょう。ならば、どうしてくれるのか」と言わんばかりに、こちらを値踏みする。

 さあ、お好きに取り計らってくれ――。自身のあるじの座を明け渡し、ふてぶてしく五体を投げ出し、べたつきもたれかかる。

 迫りくる湿った重圧に、腰が引けてくる。逃げ口上をほのめかそうものなら、「出方によれば、死にますよ」と、先方は「命」を駆け引きにちらつかせる。袋小路に追い詰められ、困窮したのも束の間、「どうせ、生きている意味なんて、ないじゃありませんか」と、答えが出るはずのない謎解きの一撃に、とどめを刺される。

 手も足も、言葉も出ない。気づいてみれば、全権を奪われ、絶対服従を強いられていた。

 

「命」を駆け引きに使うしたたかさ

 卑怯ひきょう千万。

 寄る辺なさを言い沈んで誘い寄せ、首座を明け渡し、無防備に助けを懇願しておきながら、「命」を人質に、いつの間にか、生殺与奪の権を握って、医療をほしいままにしゃぶりつくそうとは――。

 「そうやすやすと、手には乗るまい。手前を、精神科医療を、買い被りにかかってきたものだ」と、勢猛にひとしきり先方を勘繰り巡る。

 独り語りが極まり、ここに表白するにはあまりにも醜悪な感情が渦巻いてようやく、行き過ぎに気づいてきびすを返し、手前自身を手なずけ、たしなめる。

 「いつまで先読みを巡らせたままでいるのか。僻目ひがめにも程があろう」

 すべて愚痴だった。先方を言い伏せ、矯めて、牛耳ろうと、たくらんでいたのは、むしろ手前だった。腹底で雀躍じゃくやくする天の邪鬼の僻言に、すっかり耳を貸してしまっていた。なのに、うやうやしく診察を気取ったりして、胡散うさん臭さにあきれ果てる。

 てこずってようやく「地ならし」が成り、先方の物言いが、しとしとと染み入る。

 

闇にさいなまれ 「同士」と支え合う

 手前の闇に煩悶はんもんせずして、どうして、先方の苦悩の底に逢着ほうちゃくできよう。

 苦悩は、当人にしかわかりえない。ならば、「闇を抱えた、弱い者同士よ」と、めいめいが底に落ちて呼びかけ合い、肝胆相照らすより、ともに歩む道はない。

 同情やら、共感やらと、そんな水晶玉のような澄んだ顔つきなど、もとよりできるはずがないと、高をくくっておくに越したことはない。殊勝にも「分かってあげたい」などと感傷すれば、早晩、うわべの忠告や傍迷惑な世話焼きを繰り出してしまったりし、先方を見下すに陥る。

 手前の愚痴の闇を、徹底して掘りえぐるしかない。すると、愚痴の汚泥に四肢を引きずり込まれ、浮かぶ瀬のない手前こそ、先方の苦悩にまみえたのを好機に、利用してい上がろうとしていたと気づき、そのあざとさに戦慄する。愚痴の闇は底なしで、手前の力ではとても掘り至れるわけがなかったのだ。

 もっとも、こう表白する側から、卑下を誇って、どこまでも浅ましい。(次回に続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

元記者ドクター 心のカルテの一覧を見る

最新記事