文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

3件 のコメント

浴室から出た途端、ブルッ

めざめたじいさん

 2月末の小田急ロマンスカーは同輩で賑わった。卒業する先輩を送り出す最後の1泊旅行、まだ寒かった。

 湯本温泉で宴会前に、先輩の背中を流す。浴槽はもうもうたる湯煙で暖かい。

 浴衣に着替え、浴室から出た途端猛烈な冷えが身体を襲う。防寒着を着て電車に乗り、温泉に入るときは浴衣になるのはどだい無理なことだったのだろう。

 2月とは言え、箱根にはまだ雪が残っていた。中には、外に出た途端具合の悪くなる人もいた。

 今、ユニットバスにもミストで浴室を暖める便利なものがある。やはり家の風呂は室温と差がないので安心して風呂を楽しめる。

違反報告

その人に合った生活を

埼玉のシニア

一時期、健康ランド なるものにこっていました。行けばサウナに入りましたが、確かに高温でした。サウナと冷水を繰り返していましたが、先生のご指摘からすると、生きている事が不思議なくらい。

健康ランドでは、今は行きませんが、演芸が行われており、空いた時間にカラオケを歌い、お湯につかったり、その繰り返しで数時間過ごしました。が、家でシャワーを使うようになってから全く行きません。

やはり健康を維持するには、毎日の食生活に留意して、それも規則正しい生活が一番です。自分の体の健康維持は自分で決めなければ。食と適度な運動が一番です。その人に合った生活を心がけています。仕事をしているときの生活は、無理な付き合いなどで食する油ものや酒で、今考えるとゾッとします。

違反報告

よかった

うらら

サウナと冬場の露天風呂が苦手でした。
拷問かと思っていました。
急激な暑さ寒さに耐えられなかったのは正しかったのですね。
何でもいつでも、“のほほん”が好きです。

違反報告

記事へ戻る