文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

お知らせ・イベント

お知らせ・イベント

(10)企業との連携必要…産業化に向けた取り組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

村山昇作さん 再生医療イノベーションフォーラム理事・iPSポータル社長

むらやま・しょうさく 1972年、同志社大経済学部卒。日本銀行調査統計局長、帝国製薬社長、iPSアカデミアジャパン社長などを経て、2014年7月から現職。


 大学発の技術、特にiPS細胞をいかにビジネスを通じて普及させるか、といった観点から仕事をしています。事業化は研究成果を広く社会に還元するため、また、幅広く患者さんを救うために、必要不可欠なプロセスです。

 例えば、患者さんの細胞を研究目的だけに使うのはいいですが、企業が使うと、商業利用など倫理的な問題が出てきます。コスト、品質の安定性などの課題は、大学だけでは解決できず、企業との連携が必要になります。

 iPS細胞の事業化は創薬から再生医療に移っています。既存技術を応用できるケースが多く、ライフサイエンスの産業だけでなく、オールジャパンで取り組む必要があります。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

お知らせ・イベントの一覧を見る

最新記事