文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

石井苗子の健康術

yomiDr.記事アーカイブ

錦織圭選手に見る「ゆとり教育」の成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

(「自立する精神」を身につけさせた両親の教育方針)

 9日の早朝(日本時間)テニスの全米オープン・男子シングルスの決勝戦が行われ、結果はどうであれ、歴史的快挙に変わりはないと思っています。

 プロテニスプレーヤーの錦織にしこり圭選手は、ここ3年ぐらいで一気に知名度が上がったように思いますが、本人は5歳から現在の地位を築くまでに、手術を必要とする大きなけがを何度も克服されています。今回の決勝戦進出は、とりわけご両親にとってうれしいことではないかと思っています。

「スポーツ留学」で両親の徹底的サポート

 錦織選手のご両親は特別テニスの才能をお持ちだったようではありませんし、錦織選手も、島根県松江市での小、中学生のころは野球、水泳、サッカー、ピアノまで興味を持っていたとのことです。

 「子どもには好きなことをやらせる」「子どもが興味をもったことは徹底的にサポートする」が教育方針で、テニスに才能があると分かってからは、試合日は車で送迎、勉強は遅れないように徹底的にご両親がサポートされたそうです。2001年に全国小学生テニス選手権大会で優勝したにもかかわらず2年後には、「日本人テニスプレーヤーが弱いのは個の意識が足りないからだ」というお父様の考えで、まだ幼い息子を米フロリダ州のIMGアカデミーにスポーツ留学させてしまうのです。

世界に通用するメンタルを身につける

 錦織選手は1989年生まれですから、いわゆる「ゆとり世代」(1987年~2004年)です。環境は大人が用意するものですが、彼の両親はいち早く「ゆとり教育」のよい点を生かし、才能を生かすには「自立」が必要と思われて留学させたのではないかと思います。プロの競争に勝つには、世界に通用するメンタルコントロールを身につける必要があると思われたに違いありません。

 私が育ったころのように、子どもが全員同じ方向を向いて同じ目標で受験勉強をしていた「つめこみ教育」ではなくて、個性を伸ばすゆとり教育のお手本のような成功例です。

 誰しもが錦織選手のようにはいかないでしょうが、それでも学業成績が一番大事としていた閉塞感はなかったことでしょう。

子どもの個性を伸ばすには

 もとより、個性とか個の意識といったものはかつて、子どもには具体的に何をさしているのか分からなかったと思います。単に他の子どもと違っていることを「個性的」と呼んでいたような印象すらあります。

 その子に何ができるか、その子をどう教育すれば好きなことを伸ばせるか、将来成功するには何をさせたらいいかは、親の観察力にかかっていたのでしょう。

 お金をかけることだけが大事ではなかったことを、錦織選手の両親の教育方針を読んで、あらためて教えられたような気がしました。

 やりたいことがあるなら、幼い時は徹底的にサポートし、10代で「自立する精神」を身につけさせる。これが本来のゆとり教育の目的だったのかもしれません。錦織選手のご両親はその意味で子育ての大成功者だったことには違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

石井苗子さん顔87

石井苗子(いしい・みつこ)

誕生日: 1954年2月25日

出身地: 東京都

職業:女優・ヘルスケアカウンセラー

石井苗子の健康術の一覧を見る

17件 のコメント

一人の成功者の影には

”ゆとり教育”???

錦織選手の活躍は、本当に素晴らしいと思います。しかし、彼の活躍が、ゆとり教育の成功例 というタイトルに、直に共感することができません。錦織選手の...

錦織選手の活躍は、本当に素晴らしいと思います。
しかし、彼の活躍が、ゆとり教育の成功例 というタイトルに、直に共感することができません。
錦織選手の存在は、本人の才能と超人的な努力に加え、テニス関係者の、日本で世界に通用する選手を育てる、という悲願に沿った研究とその実践、また、家族の徹底した協力、コーチとの出会いなどの運、にまでも支えられたものだと思うからです。
私は、テニス関係者の方々が、指導者を育てるためのコーチの海外研修、才能あるジュニアの海外派遣制度などの確立を当初の費用捻出も含め、地道に行ってこられた経緯の一部を身近に見せていただける環境におりました。
以上を踏まえて考えると、錦織選手の例は、ゆとり教育の成功ではなく、幼少から才能ある選手を見出し、徹底した指導を行うという、ゆとりとは正反対のエリート教育の賜物、としか思えません。
また、錦織選手と同様に日本はおろか、ヨーロッパ各国などからテニス留学したジュニア選手を数多く見てきていますが、子供のころに天才の名をほしいままにしたからといって、そのままプロとして世界に通用するかと聞かれれば、大部分については残念ながらNOと断言できます。
四大大会ジュニアで優勝した選手でも、プロに転向して成功するとは限らない、そういう世界です。あふれる才能を発揮していても、あまりに危険な賭けをわが子にさせたくない、と勉学重視の方針を崩さないご両親も沢山おられます。それもまた、わが子の将来を思っての行動です。
ですから、安易にゆとり教育の成果と報じていただきたくありません。
また、彼のような本当に稀有な存在は過剰な取材で煩わしい思いをさせたりせず、そっと見守っていただきたいと思います。

つづきを読む

違反報告

ゆとり教育ではない

み~な

「放課後の塾通いできつい生活を楽させよう」がゆとり教育の理由とされているがそれは違う。ゆとり教育は生徒のためじゃない。教師のためだ。教師が土日を...

「放課後の塾通いできつい生活を楽させよう」がゆとり教育の理由とされているがそれは違う。ゆとり教育は生徒のためじゃない。教師のためだ。教師が土日を休みたいからゆとり教育を導入したにすぎない。
千葉県でゆとり教育をやめてみる試験運用を始めたとたん、早速教師が「土曜日が休めないときつい」と本心をさらけ出した。

つづきを読む

違反報告

ゆとり教育ではない

山の下のもぐら

両親に金銭的ゆとりがあったという意味では別の意味でのゆとり教育。彼は日本の中学校,高等学校の教育は受けていなくアメリカでテニス,語学学習などゆと...

両親に金銭的ゆとりがあったという意味では別の意味でのゆとり教育。
彼は日本の中学校,高等学校の教育は受けていなく
アメリカでテニス,語学学習などゆとりのない日々を送ったはずです。
心にゆとりをもち未来を見つめる力は俗に言う「学校でのゆとり教育」
だけでは育たないと思います。逆に自分勝手な子どもを創ると思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事