文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

石井苗子の健康術

yomiDr.記事アーカイブ

6人に1人の子どもが貧困!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

(真実は数字からは見えてこない) 

 数字は、それが持つ情報の価値が大事です。

 具体的な数字を提示することで、その根幹にある問題に人々の関心や気を引きつけることもできるからです。

深刻なシングルマザー世帯の現状

 情報コミュニケーションは時に「驚きのインパクト」を必要とします。その意味では、「6人に1人の子どもが貧困?」という先日の記事の見出しに多くの人が驚き、日本の経済はどうなっているのかと、人の気持ちを引きつけた価値のある数字でした。

 厚生労働省の集計では、所得が標準的な水準の半分に満たない世帯で暮らす子どもの割合で、ほぼ6人に1人にあたると報告されています。

 上記の「所得が標準的な水準の半分」と書かれたところですが、国税庁の平成24年度の民間給与実態統計調査の数字を見ると、平均年収は男性502万円、女性268万円となっています。日本人の会社勤め男性の平均が500万円なら、その半分以下だから250万円以下の家庭の子どもが、今回の対象になったのかと考えるのは正確な判断ではありません。

 実際の貧困にある子どもの環境はもっと複雑で、特にシングルマザーの場合は悲惨な例もあります。もし、一握りの高所得者が日本人の平均所得の価を引き上げているとしたら、真の貧困の状況がどうなっているのかは、一般的な数字からは見えてこないことになります。

「バブル世代」が高齢者に

 実は、日本の貧困に関する統計的な調査は、1965年を最後に打ち切られています。正確な理由はわかりませんが、背景には、高度経済成長とバブル景気の存在があったのではないかと思います。戦後10年ほどった1954年から始まった高度成長期は、その後約20年続きます。1965年はそのちょうど真ん中あたりです。想像ですが、日本が発展の途中にあるとき、貧困の統計はいらないと判断されたのかもしれません。

 私は、生まれてから成人するまで、日本の経済成長期に育ったことになります。我々の世代が30代~40代のころ、「1985年プラザ合意」を機に、空前のバブル景気に突入しました。それが90年の初めに崩壊してからあっという間に20年が経ち、60~70代になって高齢社会の仲間入りです。その間に、戦後とは全く違った貧困が忍び寄っていたということになります。それは、格差の貧困です。

高齢者に手厚い年金や医療

 平成21年の内閣府による経済財政報告の中に、「所得再分配は高齢者層に対してしか働いておらず、若年から中年といった現役世代においてはほとんど再分配が行われていない」と言及されていて、年金や医療が手厚くなっているのは高齢者であるとわかります。「子を持つ親」よりも、高齢者の人口のほうが相対的に多いという、数の問題がそこにあります。

 政府の方針として、「貧困の世代間連鎖を断ち切る」と言っていますが、子どもを持つ世代の貧困が家族単位で生活不安を抱えているとすれば、連鎖を断ち切ると言っても実際はどうしたらいいのでしょう。貧困にある子どもと親を切り離して、それぞれの生きる道を探し出すことになるのでしょうか。

「親世代の学び直し」で解決するか?

 政府は、貧困家庭の支援のひとつとして、保護者に高い学歴を得られるような学習支援「親世代の学び直し」を進めるのだそうですが、本当にそんなことが実現可能なのでしょうか。何をすればいいのか、簡単に答えが出るものではないでしょうが、私が育ってきた日本を振り返ると、ここまで国力をあげてきた日本が、戦後最大の山場を迎えていると感じています。

 若者の貧困とその子どもの貧困、高齢者の多い社会、だからと言って、富裕層と呼ばれる人を責めるわけにもいきません。生きることにおいて、人はみな平等だからです。

 東京オリンピックで景気を巻き返せることができるでしょうか。あと数年後までどのくらいこの問題を解決できるでしょう。はたして、持ちこたえられるでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

石井苗子さん顔87

石井苗子(いしい・みつこ)

誕生日: 1954年2月25日

出身地: 東京都

職業:女優・ヘルスケアカウンセラー

石井苗子の健康術の一覧を見る

5件 のコメント

子供の保護・福祉は必要

hatch

親がどうあれ、それとは切り離して子供の保護と福祉は必要。その意味では公立学校給食の無料化はよいと思います。とにかく学校に行けばバランスのとれた食...

親がどうあれ、それとは切り離して子供の保護と福祉は必要。
その意味では公立学校給食の無料化はよいと思います。
とにかく学校に行けばバランスのとれた食事に1日に1回はありつける、のはここまで格差が広がってきたのであれば必要かと考えます。
公立学校に通う子のすべてを無料化しなくとも、年収証明添付の申請で免除することも可能かと思います。


私立学校に通わせる家庭と比べると不公平との意見もあるようですが、それは私には意味がわかりません。
通学可能範囲の公立学校に受け入れてもらえなくて私立に行かざるを得なかったわけではないでしょう?
それこそ贅沢・趣味・嗜好でわざわざ私立学校を選んでて公平も不公平もないでしょう。
この論では私立学校の学費も無料化しろと言い出しかねませんね。

ファミレス店内が親子客でいっぱいなのは当たり前。
しかしファミレスに来ている親子客が記事にある貧困層でしょうか。
店内で年収を聞き取り調査でもしたことがあるのですか?
またはその地域の親子はすべて同じ頻度でファミレスで食事することになっているのですか?
その集団が裕福そうだからといって、それが全体を代表するとは限らない(選択バイアスがかかっている)とは考えないものでしょうか。


つづきを読む

違反報告

なぜ?公立学校の給食の無料化

四朗

 公立学校の給食の無料化・・・私立学校は有料では不公平。公立私立に関係なく通わせている親にお金を出させるのが当然です。>子供に十分な栄養が与えら...

 公立学校の給食の無料化・・・私立学校は有料では不公平。公立私立に関係なく通わせている親にお金を出させるのが当然です。

>子供に十分な栄養が与えられないような家庭  ファミレスに行ってご覧なさい。昼時の親は1500円程度の食事をしています。夏休みともなると、親子で食べたいものを食べている現実。学校給食は、戦後子どもが飢えているとき始めたものです。今は、親の手抜きのため、給食作業員の生活のために、莫大な自治体の費用を掛けて作業所を作り、豊かな食生活が出来る時代もそのまま続けているのです。

 昔のように、お弁当を持ってこられない子どもが、こっそり水を飲んで飢えをしのいでいた時代とは違うのです。親が、しっかり子どもを健康に育てようとすること、安いものでも栄養価の高いものがたくさんあります。私はブロッコリーの柄の部分も湯でて食べます。要は大人の考え方と骨惜しみしないことです。

 

つづきを読む

違反報告

数値は正確、実態は数値に表せない

めざめたじいさん

 >250万円以下の家庭の子どもが、対象になったのかと考えるのは正確な判断ではありません。 確かに数値に隠されたマジックを見抜く力を持つべきです...

 >250万円以下の家庭の子どもが、対象になったのかと考えるのは正確な判断ではありません。
 確かに数値に隠されたマジックを見抜く力を持つべきです。

 私も数値に踊らされている一人です。昨年7月までは医療費負担は3割でしたが、8月から1割になり安心して病院に行けました。ところが、今年の8月からまた3割に戻ったのです。かかりに尋ねると、年間所得がほんの少しの違いで3倍にもなったと聞いて驚きました。思えば年金以外にほんの少しの収入があったのですが、医療費の増額分より少ないのです。

 役所の方も「お気の毒さま」と。さらに聞けば、課税されている後期高齢者は5%にも満たないと言われ、ますます釈然としなくなりました。

>生きることにおいて、人はみな平等だからです。

 理屈としては分かるのです。世の中平等でありたいが、公平でないことは確かです。理屈だけがまかり通る世界は法律でしょうが、その法律の理屈も、時によって変わってしまいます。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事