文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

百寿者こぼれ話

からだコラム

[百寿者こぼれ話]脂肪が分泌する善玉物質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 脂肪組織は過剰なエネルギーの貯蔵庫に過ぎないと、長い間考えられていました。しかし、20年ほど前から日本の研究者が中心となり、ホルモン様の物質を分泌することを明らかにしてきました。

 これらの物質をアディポカインと呼びます。善玉と悪玉があり、善玉の代表はアディポネクチン。糖尿病、動脈硬化、炎症を抑える作用があります。悪玉の代表はTNFαで、血糖を下げるインスリンの効果を抑制します。また、炎症も引き起こします。

 慶応大の新井康通講師は、百寿者のアディポネクチンの濃度を測定して、若年群に比べて2倍高いことを明らかにしました。百寿者でも、糖尿病や動脈硬化、炎症を抑えている可能性があります。

 脂肪組織が分泌するアディポネクチンが高く、TNFαが低く、レプチンが高いほど、健康で、百歳以降も長生きで、体の機能も高いことがわかりました。

 面白いことに、アディポネクチン単独では百歳以降の余命には関係ありませんでした。高くても低くても余命は同じでした。アディポネクチンは良い働きがあるのですが、濃度が高い人を長期的に調べると、死亡率が高かったり心疾患にかかりやすかったりすることが報告されています。これはアディポネクチン・パラドックス(逆説)と言われています。

 京都大学の田原康玄准教授は、アディポネクチンと結合する受容体の機能が遺伝的に決まっていて、機能が悪い受容体を持っている人は、たとえアディポネクチンの濃度が高くても、良い作用が発揮されない可能性があることを報告しました。

 受容体の機能の高い人が長寿に有利なのか、人種によって影響が違うのかなど、詳しく調べると面白そうです。(広瀬信義・慶応大特別招聘しょうへい教授)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

karada_117

 
 

からだコラムの一覧を見る

百寿者こぼれ話

最新記事