文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

女優・タレント 山田まりやさん

一病息災

[女優・タレント 山田まりやさん]クローン病の疑い(3)鍼の先生が意外な見立て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「この病は国が難病指定しており、特効薬はありません」。主治医の指摘は、芸能界で根を伸ばし始めた23歳の若手タレントには重すぎた。処方された薬はのんだが、効果はなかった。

 外見は元気なので、周囲には「飲み過ぎじゃないの」と理解されず、孤独感にも苦しんだ。心配した仕事仲間が、「ストレスが原因かも。休みをもらって、沖縄に行こう」と誘ってくれた。自ら休みを求めたのは、デビュー8年目で初めてだった。しかし、滞在2日目には背中が痛くなり、眠ることもできなくなった。

 同行した知人が「友達の病気を治したはりの先生に行こう」とアドバイスした。すぐに帰京して、直行。中国・上海出身の先生が触診した結果は意外だった。

 「胃と腸が動いていないだけ。食べ過ぎだよ。3日間連続で鍼を打つから、その間、何も食べないで」。鍼を始めると、胃がギュと動き出すのがわかった。

 先生の見立ては、「現代の日本は飽食の時代で、日本人の胃腸に合わないものをたくさん食べている。あなたは体が小さいのにロケで食べ歩き、消化が追いつかずに胃が悲鳴をあげて、体調不良になった」。

 3日間の断食が終わる頃には宿便も出て、体がとても軽くなった。「悪霊にとりつかれていたような不快感がなくなり、生まれ変わったようでした」

 

 女優・タレント 山田(やまだ)まりやさん(34)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

女優・タレント 山田まりやさん

最新記事