文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

遺伝性乳がん・卵巣がん…予防医療普及 これから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 米女優アンジェリーナ・ジョリーさんが両乳房を予防切除して関心が高まった遺伝性乳がん・卵巣がん。日本乳癌(がん)学会や日本婦人科腫瘍学会など関連5学会が診療施設の認定制度作りを始めるが、誰もが受診しやすい環境を整備するには、課題はなお多い。 ◇ ■ 施設の認定制度  遺伝性乳がん・卵巣がんの年間発症者は7000人超との推計もある。ほかに、発症はしていないが、発症に関わる遺伝子変異を持つ人もいる。最…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

<PR情報>

最新記事