文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

百寿者こぼれ話

からだコラム

[百寿者こぼれ話]施設か在宅か 家族に応じ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 105歳以上の超百寿者の家族の方に話を聞くと、「施設に入らなければ、こんなに長生きできなかったと思う」とよく言われます。確かに、職員の方は熱心で、室温の調整や栄養、衛生の管理など、家庭ではなかなか出来ないほど丁寧な対応を行っています。

 10年以上前に施設に行くと、入所者が落ち込んだ顔つきをしていることがありました。女性の百寿者を訪ねたところ、「お茶でもお出ししたかったが、ここではおもてなしできません」と言われたことが印象に残っています。しかし、今の入所者はみなさん、とても幸せそうに過ごされています。

 熊本の108歳の方の話です。「今は幸せですか」とお聞きすると、「食事はたくさんのお友達と食べる(入所者の方みんなで食事をすること)。家族が親身になって世話をしてくれるから(職員の方を家族と思っているらしい)、とても幸せ」という返事でした。

 この話は、(本当の血縁はなくとも)高齢者を中心に家族のような関係になることが、日本などのアジア人では幸せにつながることを示しているのかもしれません。

 東北大学の目黒謙一教授が、認知症薬の内服と、施設入所の有無で、高齢者の予後を調べた研究があります。「内服で入所」>「内服なしで入所」=「内服で在宅」>「内服なしで在宅」の順番で予後が長いことが分かりました。つまり、在宅に比べて施設入所者の高齢者の方が長生きだったという報告です。

 では、在宅はダメなのかと言うとそうではありません。史上最長寿男性だった木村次郎右衛門さんは自宅で生活されていました。在宅と施設のどちらが良いかという一般論ではなく、それぞれの高齢者と家族ごとに良い方法があると思います。

(広瀬信義・慶応大特別招聘しょうへい教授)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

karada_117

 
 

からだコラムの一覧を見る

百寿者こぼれ話

最新記事