文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

オトコのコト 医師・小堀善友ブログ

妊娠・育児・性の悩み

勃起障害治療薬で皮膚がんリスク上がるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 バイアグラ、レビトラ、シアリス等の勃起障害(ED)治療薬は、排尿障害を改善させたり、動脈硬化を予防したり、さまざまなポジティブな副作用が報告されてきました。

 もともとは、バイアグラは、勃起を治療するために作られたわけではありません。開発の段階では、血圧を下げるための薬を開発していたはずだったのですが、その副作用として勃起機能が改善することがわかり、勃起障害の治療薬として使用できるようになったという経緯があります。

 そんなバイアグラで気になる報告が出てきました。服用している男性は皮膚がんの一種であるメラノーマ(悪性黒色腫)の発生リスクが増大するというのです。

 バイアグラ、レビトラ、シアリス等の薬は「PDE5阻害薬」と呼ばれています。PDE5という酵素は、勃起した陰茎をもとの勃起していない状態に戻す働きがあります。つまり、そのPDE5の働きを邪魔(阻害)してあげると、陰茎が勃起した状況が続きやすくなります。勃起障害の治療薬はそのような仕組みでできています。

 このPDE5はメラニン合成に影響を与えることが分かっており、PDE5を阻害することにより、メラノーマ細胞のがん化および転移の引き金になる可能性があることが研究によって明らかになってきました。

 アメリカでの調査では、バイアグラを内服していた人、もしくは現在使用している人は、服用後10年間にわたって浸潤性のメラノーマを発症する可能性が、服用していなかった人よりも有意に高かったそうです。対照的に、扁平へんぺい上皮がんなど他の皮膚がんのリスクは変化がありませんでした。

 この研究では、明らかにバイアグラを服用したことがメラノーマを引き起こすという因果関係を証明することはできていません。将来的には、服用者と服用していない人を長期的にみて、メラノーマの発症率に差があるかどうかを調べる研究が必要であり、バイアグラの使用量や頻度などの評価が必要です。

 バイアグラを服用することでメラノーマが増えるということは証明されていませんが、メラノーマの人は、バイアグラを使わない方が良いかもしれません。また、メラノーマの一番の原因は日光への無防備な暴露ですので、勃起障害治療薬を内服している人たちは日焼けには注意する必要がありそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

オトコのコト_小堀善友顔120px20150821

小堀善友 (こぼり よしとも)

泌尿器科医 埼玉県生まれ

2001年金沢大学医学部卒、09年より獨協医科大学越谷病院泌尿器科勤務。14年9月から米国イリノイ大学シカゴ校に招請研究員として留学。専門分野は男性不妊症、勃起・射精障害、性感染症。詳しくはこちら
主な著書は『泌尿器科医が教えるオトコの「性」活習慣病』(中公新書ラクレ)。詳細はこちら

オトコのコト 医師・小堀善友ブログの一覧を見る

5件 のコメント

リスクはあっても、どうにも止まらない

和雄

 初めてバイアグラを試しました。性器が中折れ気味で、逝く前に柔らかくなったりしていました。医師に相談し、処方してもらいました。50mgのバイアグ...

 初めてバイアグラを試しました。性器が中折れ気味で、逝く前に柔らかくなったりしていました。医師に相談し、処方してもらいました。50mgのバイアグラをのんでから30分ほどすると、私の性器はガチガチに硬くなっていました。72歳の私が10代の若者のペニスに戻ったかのようです。

 手を添えずに挿入でき、逝くまでの感覚は、いつもと比べて増幅された快感でした。そして射精するまでゆっくりとその快感が高まっていくのが分かりました。行為が長く続けば続くほどペニスが硬くなってくるのです。

 バイアグラの効果に本当に驚かされるのは一回目の射精の後です。射精後にゆっくりと性器が柔らかくなりますが、手で刺激してやるとすぐに勃起が復活するのです。

 セフレと2時間のセックスで3回射精することまでできてしまいました。女性の失神を始めて経験しました。白目を見て慌てました。

つづきを読む

違反報告

ああ、全くこの世は住みにくい

埼玉のシニア

君子 危うきに近寄らず ですが、虎の子も穴に入らなければ捕獲できず、さてさて性欲という欲望を抑えるには、我慢する、以外にないようで。人生100ま...

君子 危うきに近寄らず ですが、虎の子も穴に入らなければ捕獲できず、さてさて性欲という欲望を抑えるには、我慢する、以外にないようで。

人生100までが私の持論ですので、性欲は段々細くなると予想しても、未だ100まで24年もある。他の趣味は、例えばゴルフは85歳でおしまいだし、コーラスも85か、残るは死ぬまで続けられる書道と絵手紙か。よしよし、この2つの趣味を更に発展させよう。しかし、、、

君子も少しだけ危険に近ずいてみるか。年4回ぐらいならどうかな。願望と思い出の中だけでは、まだまだ捨てがたい性欲なのですが、、、、。ああ、全くこの世は住みにくい。

つづきを読む

違反報告

禍は足るを知らざるよりも大なるはなし

めざめたじいさん

 80を間近にし、老子に学ぶ。「現実をあるがままに入れて満足し生活することが大事。欲望に際限なく満足しなければ いつか身を滅ぼす」、と。 勃起障...

 80を間近にし、老子に学ぶ。「現実をあるがままに入れて満足し生活することが大事。欲望に際限なく満足しなければ いつか身を滅ぼす」、と。

 勃起障害で困る男性は何歳までなのだろう。先日銭湯で会った77歳の方は、相手もいなくなったのでクスリの世話にはならないと言った。一緒にいた方は、泌尿器科で処方してもらえると聞いて、金額によっては試そうと意欲を見せた。同年代のもう一方は「まだ現役です」と胸を張り、「貴殿は」と水を向けられた。にゃりとしたが、秘密は明かさなかった。

 秘密とは、その気になれば可能と言うこと。たまにではあるが、夢の中で・・・中学生の時のような感覚に出会う。無論、目が覚めてしまうが、夢よもう一度である。

 年10回の春を「~~のよそおい うらやまじ のどかなりや はるのよは・・・」。
 こんな格言もあった。「・・・危うきに近寄らず」

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事