文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

はつらつ健康指南

健康・ダイエット

ぽっちゃり女性、おしゃれに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

雑誌が後押し、新ブランド続々

 街中に、ファッショナブルな「ぽっちゃり女性」が増えてきている。ちょっと太めな体形の人向けのおしゃれな洋服や下着などが続々登場しているからだ。

◎タレント活躍で注目

 以前の婦人服サイズは、SMLの展開が一般的だった。大きいサイズは、主に中高年向けにあったが、デザインや種類はそれほど多くなかった。

 しかし、数年前からおしゃれで太め体形のタレントがテレビで活躍したことなどから、ぽっちゃり女性向けファッションが注目されるようになった。これを受け、2年ほど前には大手通販が大きめサイズの専門店を開店、アパレル大手も続々とサイズの拡充などしている。

 昨年3月に創刊したぽっちゃり女性向けファッション誌「ラ・ファーファ」(ぶんか社、隔月発行)は一般女性をモデルに起用し、発行部数を10万部まで伸ばしている。「モデルの体重などを載せることで、着こなしが読者の参考になっている」(今晴美編集長)といい、同誌の人気も、ぽっちゃり女性ファッション人気を後押ししているようだ。

◎下着や水着も

 最近の特徴は、下着や水着が増えてきたこと。

 価格比較サイト大手のカカクコムは、昨年11月に自社商品としてセミオーダーブラジャー「オールフォーミー」を発売した。AAA~Jカップまでのサイズの中から、色柄、デザインを自分で組み合わせて選べる。

 ワコールも今年2月、ぽっちゃり女性にも人気の洋服ブランドと企画したブラジャー「『ぽちゃカワブラ』ほっそりせるタイプ」を発売した。

 「サマークィーン」(ウェルテック・テキスタイル・デザイン・アンド・テクノロジー社)は、今年から大きいサイズのビキニやワンピースなど水着を約50種販売する。

◎細身も取り込み

 ワンピースやトップスなどの洋服を扱う新ブランドも増えてきている。

 ファッション通販サイト「夢展望」は今年3月、3L~6Lサイズの婦人服ブランド「プランプリモ」を設立した。毎日のように新商品を売り出すのが特徴だ。

 タレントの渡辺直美さんが企画に参加したブランド「プニュズ」も、今年4月にできた。若者に人気のアパレル「ウィゴー」が運営しており、細身の女性向けのサイズもある。

 40歳前後を中心ターゲットにしてきたイトキンの「キューブ」も、若い世代も取り込もうと、他ブランドとの企画商品を増やしている。

 洋服のサイズについては「13号」「3L」「1」などと会社、ブランドによって様々な表記があり、大きさは服によって違う。店舗では、試着してみるといい。また、通信販売などではサイズ表にウエスト回りや胸囲などの詳細が書いてあるので、これを参考に自分に合ったものを選びたい。

伊勢丹新宿本店 モデルがショー…来月6日

カジュアルからフォーマルまでそろうクローバーショップ(伊勢丹新宿本店で)

 伊勢丹新宿本店(東京)で大きいサイズを扱う「クローバーショップ」は、カジュアルからフォーマルまで約50ブランドを取り扱う。日本最大級の品ぞろえだ。

 7月6日にはラ・ファーファのモデルによるファッションショーが予定されている。無料で誰でも観覧できる。このショーに合わせて、Tシャツやパーカなどオリジナルのスヌーピー商品も販売する。(小沢妃)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

はつらつ健康指南の一覧を見る

最新記事