文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健やかキッズ

妊娠・育児・性の悩み

幼児の言い間違い 無理に直さず成長見守る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 幼児は言葉を言い間違いやすい。無理に言い直させたり、とがめたりすると、話すことが苦手になりかねない。正しく発音できるまでの試行錯誤とおおらかに受け止め、話す意欲を育みたい。

 大阪府の30代主婦は、長女(3)がきんぴらゴボウを食べるたび、「ぴんきら、おいしい」と言うのが気になる。「き、ん、ぴ、ら、でしょ」と何度注意しても直らないという。

 「子どもの発音とことばのハンドブック」(芽ばえ社)の著者で言語聴覚士の山崎祥子さんは、「子どもの年齢によって音の聞き分けや発音が難しい場合があることを理解してほしい」と話す。

 典型的な例では、発音の順番が入れ替わる(「マヨネーズ」→「マネヨーズ」)、子音の脱落(「コップ」→「オップ」)、前後にある音との同化(「アンパンマン」→「アンマンマン」)、他の音との置換(「サカナ」→「タカナ」)などがあるという。

 原因は、音を聞き分けたり、音の順番を覚えたりする力が弱いことに加え、舌や唇、下あごなど発音にかかわる器官が未熟で、音を作り分ける力が弱い点が大きい。唇を閉じて作るマ行、バ行などがうまく言えるのは2歳頃、舌先を使うサ行やザ行、ラ行は4、5歳くらいからという。

 「言い間違いの多くは成長とともに解消する。無理に正そうとしなくていい」と山崎さん。言い方ばかりを注意すると子どもがストレスを感じることもある。不明瞭な発音や間違いは、親が前後の状況などから内容をくみ取る。「きんぴら」を「ぴんきら」と言うような場合は、「きんぴら、おいしいね」とさりげなく言い直すといいだろう。

 4、5歳から楽しむしりとり遊びや、短い単語を反対から読む「逆さ言葉」(「イカ」→「カイ」)も、言葉や音節に対する意識を高められ、言い間違いを減らすのに有効という。正確さや早さはあまり気にせず、親子で楽しみたい。

 正しい発音や言葉の発達を促すために、「毎日の語りかけが言葉の素地を作る。また、体全体を使う体験も大切」と話すのは、日本小児科医会常任理事の内海裕美さん。よくかんで食べる、うがいをする、泥や冷たい氷の感触に歓声をあげるなど、日頃の遊びや生活に伴う様々な口の動きが正しい発音につながるという。

 子どもへの語りかけとして内海さんが勧めるのは、日常場面の実況中継だ。「風が気持ちいいね」「今からご飯つくるね」と目の前の状況や動作、気持ちを口にする。夫婦や家族の会話も「お茶」「電気」といった単語だけで済ませず、「お茶を入れたよ」「電気を消してね」と整った話し言葉を心がけるといい。

 気をつけたいのは、スマートフォンやテレビなどの影響だ。「黙ったまま画面にくぎ付けになりやすく、五感を刺激する生活体験の時間が奪われかねない」と内海さん。メディアの接触時間は家庭内でルールを決めておきたい。

 ただ、言葉の発達は個人差が大きい。幼児期に間違いやすいサ行やザ行、ラ行以外も多く誤ったり、子ども自身が発音を気にしたりするなら、小児科医や耳鼻科医などに相談する。日本言語聴覚士協会(ファクス=03・6280・7629)のホームページ(https://www.jaslht.or.jp/)では、言語聴覚士がいる全国の施設を検索できる。

 

■正しい発音や言葉の発達を促す主なポイント

 ・発音の誤りや言葉のつっかかりはおおらかに受け止め、コミュニケーションそのものを大切にする

 ・しりとり遊びや、短い単語を反対から読む遊びを取り入れ、楽しんで話したり聞いたりする時間を持つ

 ・語りかけはゆっくりと。単語だけでの会話や難しい言い回しは控える

 ・テレビなどメディアに接触する時間は一定のルールを設ける

  (山崎さん、内海さんへの取材を基に作成)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健やかキッズの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事