文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

介護食 「星」三つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

肉もやわらか・種類いろいろ・見た目華やか

 高齢者や要介護者にもおいしく、食べやすく――。家庭向け介護食品が充実してきた。

 味はもちろん、食欲をそそるよう見た目にこだわった商品も多く、介護される人に食べる楽しみを与えてくれそうだ。

 家庭向け介護食品は、お湯や電子レンジで温めるだけのレトルト食品が中心だ。かむ力が弱まっている人でも無理なく食べられるよう、独自の技術で食材をやわらかくしたり、とろみを付けて飲みこみやすくしたりするなど、工夫が凝らされている。これまではおかゆや肉じゃがなどの和食が多かったが、最近は中華や洋食、デザートなど種類も豊富になってきた。

 最大手のキユーピーは「やさしい献立」シリーズで約60品目の介護食品を販売している。「鶏だんごの野菜煮込み」や「おじや 親子丼風」などの人気商品に加え、リンゴや桃のゼリーなどデザートも6品あり、「栄養バランスはもちろん、食事が楽しくなるよう見た目や食べやすさを重視している」(同社)という。

 和光堂も「食事は楽し」シリーズで約40品目を展開。肉や魚料理もやわらかく仕上げており、あっさりした味付けの「京風がんもの含め煮」などもそろえる。

 「たまにはぜいたくもしたい」という人も多いだろう。明治が3月に発売した「聘珍茶寮へいちんさりょう 中華シリーズ」は、横浜中華街の有名店「聘珍樓へいちんろう」が監修した高級中華で、鶏肉入りのかぼちゃスープやエビ入りのおかゆなど7品ある。

 イーエヌ大塚製薬も4月に、見た目が華やかな冷凍食品の「五目ちらし」を発売。舌で崩せるやわらかさに仕上げ、酸味が少ないまろやかな酢を使うことで、高齢者がむせないよう配慮した。

 ポッカサッポロフード&ビバレッジが3月に発売したのは、牛乳を加えるだけで簡単に作れる「とろける和風抹茶プリン」。介護する人と、される人が一緒に食べられるよう、一パック2食分だ。

かたさ表示4段階

 高齢者や要介護者といっても、かんだり飲みこんだりする力は人それぞれだ。そこで、商品を選ぶ一つの目安となるのが、商品に表示されているマークと区分だ=写真=。食品メーカーなどでつくる日本介護食品協議会が、これらの介護食品を「ユニバーサルデザインフード」と名付け、かたさや粘っこさによって4段階に区分している。

 区分1が「容易にかめる」、区分2が「歯茎でつぶせる」、区分3が「舌でつぶせる」、区分4が「かまなくてよい」となっており、現在業務用と市販用を合わせて約1200品目が登録されている。

 介護食品は、ドラッグストアや一部のスーパーで販売しているほか、「アマゾン」などのインターネット通信販売で購入できるものも多い。(武石将弘)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事