文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宋美玄のママライフ実況中継

コラム

ペットみたい・虐待だ…子ども用ハーネス巡る論争

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ハーネスをおんぶぬいぐるみとして活用する娘

 梅雨入り直前の蒸し暑い季節になりました。娘は、うなじや肘の裏に汗がたまってかゆいのか、頻繁にかくようになりました。娘は基本的には肌トラブルを抱えていないのですが、暑い季節は汗疹あせもができやすいのでこまめなケアが必要です。私に似て肌が弱いようなので、小さなころから適切なスキンケアを教えてあげたいです。

安全確保に役立つ…親からは好評

 今週初め、フジテレビの「とくダネ!」で子どもにつける「ハーネス」が取り上げられ、話題となったようです。私はそのコーナーを見ることはできなかったのですが、その後ネット上でいろいろと議論されていたので今回、こちらで取り上げてみることにしました。

 ハーネスはリードや迷子ひもなどとも呼ばれ、歩き始めた頃の子ども(1~3歳でしょうか)に装着して親がひもの端を持つというもの。これが一般に普及している先進国もあるそうですが、日本ではそれほど頻繁に見かけません。

 しかし、使用している親たちによると、「手をつないでも振りほどいて飛び出したりするので、ハーネスがないと危険」「年子の妹に注意を奪われているうちに上の子が行方不明になり警察に保護されてからハーネスを使うようになった」「感覚過敏があって手つなぎを拒否する自閉症の子どもには必要」など、安全確保に役立っているようです。歩道のすぐ横で車がスピードを出して走っているような場所や、混雑した観光地、複数の子どもを連れて移動するときには役に立つようです。

否定的な視線、気にしないで…

 一方、ハーネスに批判的な意見には、「ペットみたい」「ひもでつなぐなんて虐待だ」という見た目への嫌悪感や、「親にとって都合がいいだけ」「昔はそんなものは無かったけど子育てはできた」というもので、後者は「ハーネス」を「ベビーカー」「スマホ・DVD」に置き換えても成立する「最近の親にもの申したいだけ(もしくは、たまたま自分の子どもはおとなしくて手がかからなかっただけ)」の意見だと私は感じました。

 ハーネスを使うことが他人への迷惑だということはあまりない(あっても大きな問題ではない)と思うので、個人的には世論に賛否を問うような問題ではないと思います。道具はすべて間違った使い方をすれば危険を生ずるのは当然としても、ハーネスの常識的な使用において子どもの健康を損なったり発達に影響したりすることは、小児科医などの専門家から指摘されていません。つまり、使用したい親は否定的な視線を気にしないことにして使用すればいいだけだと思います。

 ちなみに私の娘は非常にアクティブで、手をつないでも振りほどくし、走り回るし、イヤイヤ期で注意しても聞きません。そのため、役に立つかと思って犬のぬいぐるみの形をしたハーネスを購入しました。しかし我が強すぎて、ひもをつなぐと烈火のごとく怒り、地団駄を踏んで歩くことを拒否します。なので結局、歩かせても安全なところ以外はベビーカーか抱っこで対応しています。私にとっては「ハーネスをつけて歩いてくれるなんてうらやましいなあ」という羨望の対象です。

 子育てに限らず、見たことのないものを見ると反発するという人はどこにでもいます。子育てとなると、そこにさらに上から目線が加わりやすいというのもいつものことです。ベビーカー問題も しかりですが、「自分の頃はそんなものはなかった。今の親は…」という人に対しては「子育てを頑張ってきたのに、当然のこととして誰にも評価してもらえなかったのかなあ…」と思って聞き流すことにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

son_n_400

宋 美玄(そん・みひょん)

産婦人科医、性科学者。

1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら

このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)について、詳しくはこちら

宋美玄のママライフ実況中継の一覧を見る

38件 のコメント

コメントを書く

使ってください

Y

義母が夫に使っていたそうです。当時は普及もしておらず,ただの紐みたいだったそうですが。義母はこのようなものを使わざるをえないなんて,自分は母親失...

義母が夫に使っていたそうです。
当時は普及もしておらず,ただの紐みたいだったそうですが。
義母はこのようなものを使わざるをえないなんて,自分は母親失格だ,とノイローゼになりそうだった,いやなっていたと・・・
当時の義母のように悩む方を増やしてはなりません。
お母様方,気にせず使ってください。
何もおかしくないですよ。私は当時の義母に感謝しています。

つづきを読む

違反報告

ハーネスも使い方でしょう。

ふじこ

詭弁でなくシートベルトのような安全装置というならば、ハーネスをつけて、さらに子供の手もつないであげるのが最も妥当な使い方ではないだろうか。そして...

詭弁でなくシートベルトのような安全装置というならば、ハーネスをつけて、さらに子供の手もつないであげるのが最も妥当な使い方ではないだろうか。

そしてそのような光景ならば、そこまであれこれいう人も少ないと思います。 

そうでなく、ハーネスをつけてるんだから手をつなぐ必要がないという考え方、使い方に何か違和感があるわけです。

子供の手をつなぐことに安全以上の価値がないと思っているのかということです。

スキンシップが困難だと言う特殊事情がなければの話ですよ。

つづきを読む

違反報告

犬は家族って

ナカネコ

言ってるのに、首輪にハーネス付けてる。それは虐待とかペットとか言わないのに、子どもにハーネス付けたら「虐待、ペット」って言う人たち。おかしな話と...

言ってるのに、首輪にハーネス付けてる。それは虐待とかペットとか言わないのに、子どもにハーネス付けたら「虐待、ペット」って言う人たち。おかしな話と思う。
大事な命に、子どもでも犬でも代わりはないから
自分たちで命を守るならハーネスは必要だと思う。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事