文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いのちに優しく いまづ医師漢方ブログ

yomiDr.記事アーカイブ

猫の手も借りたい! 新生活で原因不明の腹痛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 突然ですが、東京都渋谷区立松濤しょうとう美術館では、5月18日まで、リニューアル記念特別展「ねこ・猫・ネコ」が開催されています。に行かれた方もいらっしゃるでしょうか。「猫舌」のわたしも、先日、拝見してきました。

 この展覧会は、猫の写真を持参すると、「ネコ割り」で、入場料が20%割引になるサービスがあります。ぜひ、かわいい猫の写真をお持ちの方は、持参されると良いと思います。

過敏性腸症候群?

 「過敏性腸症候群」と診断されたTさんが、母親と一緒に受診されました。Tさんは、4月から新しい学校での生活が始まったばかりの中学生です。なれない環境の中でTさんは、それまでとは違った「猫の目」のようにめまぐるしく変化する学校生活に、当初、戸惑ったそうです。毎日出される授業の課題やクラブの練習に加え、新しい仲間たちとの学校生活で、「猫の手」も借りたいぐらい忙しい毎日だったのだそうです。

 Tさんの学校生活が1か月を過ぎたころ、「朝、体がだるくて、起きられない」「食欲がなく、食べるとすぐにおなか が痛くなる」という症状に悩まされるようになりました。体調を崩したTさんは、徐々に学校を休むことが多くなってきました。

 心配した家族のすすめで、近くの小児科を受診したそうです。小児科では、血液検査やレントゲン検査など、一通りの検査を行いましたが、検査結果には、特に問題はありませんでした。医師から過敏性腸症候群と診断され、胃腸薬を処方されました。

借りてきた猫のよう

 しかし、数か月たっても症状は変わらず、一向に良くなりません。困り果てた母親は、友人の紹介でわたしのところを受診されました。

 Tさんから、友達の話や家での生活について、いろいろとお話を伺いました。再度、超音波検査を行い、痛くなるというお腹もよく調べてみました。小児科で行った検査結果も、あわせて見せていただきましたが、確かに問題はありません。

 しかし、母親の前で話すTさんの様子が、「借りてきた猫」のようにおとなしく、学校生活の様子は、「猫をかぶっている」ように、わたしには感じられました。

 そこで、わたしは「猫なで声」よろしく、ゆっくりと言い聞かせるように、Tさんと母親にわたしの診断についての説明をはじめました。「体には、どこにも問題はありません。安心してください。この薬を飲めば、必ず、良くなりますから」と、香蘇散(こうそさん)をお出ししました。

 このとき、わたしは、「猫が茶を吹く」顔をしていたのかもしれません。というのも香蘇散は、香附子(こうぶし)、蘇葉(しそのは)、陳皮(みかんの皮)、甘草(かんぞう)、生姜(しょうが)という薬草で、できている漢方薬で、「胃腸虚弱で神経質の人の風邪の初期」に用いられます。Tさんに、過敏性腸症候群が、まさか風邪薬で治るとは、信じてもらえないだろうと思っていたからです。

 わたしの診断は過敏性腸症候群ではありません。新しい学校で、緊張した学校生活がストレスとなってTさんの体と心を疲れさせてしまったと考えていました。昔から、「五月病ごがつびょう」とも、呼ばれるこの季節独特の病気だと診断しました。わたしは、五月病を風邪に見立てて、香蘇散を選んだのです。

 2週間後、母親から電話がありました。その後のTさんは、毎朝一番に起きるようになったそうです。朝、お腹が痛くても「香蘇散を飲んだら治った」と、元気に学校へ出かけられるようになりました、と電話の向こうでうれしそうな母親の声が響きました。

原因がわからない胃腸障害に「診断名」

 最近の医学では、検査をしても原因がわからない胃腸障害には、「猫も杓子しゃくしも」、逆流性食道炎とか、過敏性腸症候群などの診断名が、つけられることが多くなってきました。原因がわからなくても診断名がつけられると、「猫のしっぽ」のような薬が処方されることもあるそうです。

 そんなときは、漢方医学の出番です。もし、薬を飲んでも体調が回復しないとき、一度は、漢方医の診察を受けてみてはいかがでしょうか。漢方医学が、あなたの健康を取り戻してくれるかもしれませんよ。そして、猫のようにしなやかなで元気な体と、みんなに愛されるやさしい精神を身につけてみては、いかがでしょうか。


松濤美術館「ねこ・猫・ネコ」展についてはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いまづ医師の漢方ブログ_顔120

今津嘉宏(いまづ よしひろ)

芝大門いまづクリニック(東京都港区)院長

藤田保健衛生大学医学部卒業後に慶應義塾大学医学部外科学教室に入局。国立霞ヶ浦病院外科、東京都済生会中央病院外科、慶應義塾大学医学部漢方医学センター等を経て現職。

日本がん治療認定機構認定医・暫定教育医、日本外科学会専門医、日本東洋医学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医

いのちに優しく いまづ医師漢方ブログの一覧を見る

3件 のコメント

ストレスと錯覚と神経過敏 神経回路異常

寺田次郎関西医大放射線科不名誉享受

常識の幅での物理的刺激(もしくは行動) → 常識の幅での生理的な体の反応これが、いわゆる健常人の定義の一つではないかと思います。食べ過ぎて下痢嘔...

常識の幅での物理的刺激(もしくは行動) → 常識の幅での生理的な体の反応

これが、いわゆる健常人の定義の一つではないかと思います。

食べ過ぎて下痢嘔吐、疲れていてめまいやその他の錯覚を起こすのは勿論常識の範囲だと思います。
とはいえ、悪化が止まらない場合は精査加療の対象ですし、あるいは、そういう神経系のメカニズム異常が過敏性腸症候群の原因の一つかもしれませんね。


引っ越しの多いことがパーソナリティ形成に大きく影響を与えたりするように、人間は環境の変化に対して強い人ばかりではありません。


本文のお話を見ているとそんな系統の印象を受けます。
(勿論、先生が本文を整理されて書かれているので、診察室で見るよりわかりやすくなっている可能性もあります。)

極端な言い方をすれば、神経過敏なのかもしれません。

中枢神経に腫瘍や炎症とかCTやMRIに映る病変がなくても、疲れや環境不適応というダメージがあればその神経末端である内臓に異常が起こることは論理的に矛盾しません。
(脳疾患に伴うてんかんやその他の不随意運動に似たようなものかもしれません。 今後も機械や検査の進歩が進めばメカニズムの解明が進むでしょう。)

そういうことを患者さんや家族の理解に合わせて、時間をかけて根治するために言葉と治療を選んだのが今回の先生のファインプレーかもしれませんね。


ところで、神経過敏とかそういう錯覚の発生のメカニズムってどうなっているのでしょうか?

健常人でも幻聴ならぬ聞き違いはよくあります。

WHAT TIME IS IT NOW? が 掘ったイモいじるな と聞こえるのは、日本語という音声回路で英会話を無理やり聞き取るからです。

同じように 視覚や聴覚の刺激と脳神経回路の関係が今後ますます解明されるのかもしれませんね。

つづきを読む

違反報告

漢方医学という眼鏡 MRIの最前線

元放射線科医 寺田次郎 六甲学院56期

ミラノで行われているISMRM-ESMRMBに来ています。平たく言えば、MRIのワールドカップです。最先端の機械や先進医療機関での研究の成果を見...

ミラノで行われているISMRM-ESMRMBに来ています。
平たく言えば、MRIのワールドカップです。
最先端の機械や先進医療機関での研究の成果を見ています。
この内容が数年すれば「当たり前」になる可能性があるので、そういった目線でも見ています。
各分野の参加者の年齢や地域、人数、顔つきに世界の流れも出ているのではないかと想像しています。

最新鋭の機器の精度は、もちろんいまの標準より優れているわけで、その精度の差を頭で補ってやると、あるいは患者さんの見え方も変わるかもしれません。

カエサル曰く「金槌を持てばみな釘に見える」のとおり、ヒトは自分の経験や知識という偏見に従って行動します。
時に自分の判断に固執するのが人間ですが、最先端の機械や研究は時にそれを打ち砕いてくれます。

多くの医師は自分の学んだ西洋医学の知見で診断治療します。
僕は西洋医学の中でも、画像医学優位でものを考えるでしょうか?
(時間や気持ちに余裕があるときは患者さんをスキャンして考えてみます。)

いずれにしても個々人のフィルターを通して患者さんを見ていることには変わりありません。
いま、医療は専門化の一方で、統合医療の考え方も進んでいます。
今後は漢方医学と画像医学の共通の目線なんかも生まれてくるかもしれないですね。

機械の進歩や薬剤の汎用性から考えると、今後はCTからMRIにウエイトが写ってくるのではないかと考えます。

つづきを読む

違反報告

まさか「ねこだまし」では?

めざめたじいさん

 イヌ派の私ですが、「ネコのしっぽ」には、辛い思いでも。ネコのしっぽは親に可愛がられ、喧嘩すれば、軍配はいつもしっぽの方。叱られ役でしたが、長じ...

 イヌ派の私ですが、「ネコのしっぽ」には、辛い思いでも。ネコのしっぽは親に可愛がられ、喧嘩すれば、軍配はいつもしっぽの方。叱られ役でしたが、長じてそれも私の肥やしになったと思う。

 私は医者ではないが、幼い子ども達を面倒見る職場にいたことがあります。「はらいた」を訴えるこの顔を見て、直すクスリは甘い紅茶でした。好きなテレビ番組の話をしながら「紅茶クスリ」飲ませる。「あのね、僕の・・・」と話し始めると、腹痛は消えます。「もう直りましたよ」と部屋に戻す。かくして名医はワンポイント上がる。

 身体が悪いのか、気持ちが萎えているかの判断が大切。医者の分野に踏み込まないようにしながら、事務の傍らディアドクターになる。

 この医術を教わったのは、学校の保健教師だった。頭痛を訴えて保健室に来る子に「今、なんお勉強?」と。「算数」「かけ算九九の勉強でしょう、先生も覚えられなくて・・・」と、むかしの話を持ち出す。「大丈夫よ、ときどきこれを開いて読んでご覧」。子どもは何時の間にか保健室通いが消える。
部屋を覗くと、彼もネコのこのようにみなと戯れたいた。

 ビオヘルミンを1錠盛る先輩もいた。子どもは気持ちが晴れやかになると、病気は消えることが多い。過信は禁物だが。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事