文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

6件 のコメント

便利さ追求の果て

たそがれ親父

少なくなった理由は様々な化学物質が原因だと聞き及んでいます。
昭和30年代生まれの私たちでも既に相当数を摂取していますから。

確かに精巣が小さくなってきてる感じは否めません。
温泉に行くと年配の方々の大きさといったら立派なものです。
さぞかし大量生産して相方に注いだことでしょう。
私はそれほど大きくありませんが精液量が豊富だったのは幸いでした。

今の子どもたちは親の世代より減少してるので心配になります。
まず、生活の改善に努力することが大切でしょう。

将来、精子バンク的なものが普及するようになるかもしれません。
そんな世の中が来ないよう願っています。

違反報告

精子が減少する原因は?

めざめたじいさん

 人の精子が減少してる記事を見て、誰の仕業なのかと思う。
 人は事前の摂理にそむいて、神聖であるべき生殖行為を、快楽のみを求め、妊娠をリスクと考えるようになった。
 神はあまりにも自分勝手なヒトに対して罰を当てたのではないだろうか。

 ヒトはヒトだけでなく家畜にも酷い行いをしている。牛乳を生産するため妊娠させる。生まれた子牛がメスだったら、牛乳工場が出来たと言い、雄だといいステーキが出来たと喜ぶ。何も知らない牛が哀れだ。これまで、魚は主に自然に生まれたものを捕獲して食べていた。もっと美味しい魚は、科学の力で養殖するようになった。

 害虫と称して、人の邪魔をする生き物を殺し、殺虫剤散布がまかり通り、ホタルは金で買い取り業者が観賞用にしている。

 腐敗菌が生物の死骸を自然に戻している。その菌がもしなかったら、土葬された故人が墓に溢れ、人は死体に囲まれて生活することになる。

 神は、人間どもが、子孫を残したくないのだと判断し、手っ取り早く人の精子を減らしつつあるのでは。

違反報告

今判っている事、未来になって判ること

無常

精子の頭部の中のDNA情報を卵子に届けるのが精子でしょうけど。
肝心のY遺伝子は短くなる傾向にあるそうです。
やがて、男はいらなくなるという極論ではなく、必要な時、時間差で性ホルモンの作用で男になったり女になったりと。

外見で性を決まったと思っても、その語変化するという報告もありますね。
自然って不思議なことをするものです。

今判っている常識も変化しつつ未来では姿を変えているかもしれません。

違反報告

医学の進歩も、時として、、、

埼玉のシニア

やはり気になる。人一倍。私はどうも薬に関係するのではと疑っている。たとえば頭の毛はえ薬が精子の減少になっているし、例えば花粉症でも強い薬が出来たために体が花粉に抵抗できなくなっていると考えている。やや一方的だが間違ってもいないだろう。

私は子供が出来なかったのは、お多福かぜのせいだが、もうひとつ高校生の頃内またに大きな湿疹が出来て、レントゲン技師の明確な指示もないまま、睾丸にまでX線を当てたせいで組織が壊れたのだと、ある先生は言った。

薬やそのほかの病気に対して対応が正確に行われないのは、残念なことだ。いまさら昔を振り返ってみてもあとの祭りだ。

あちらとこちらがうまく両立する治療方法がないものだろうか。今後の医学の発展に期待したい。

違反報告

孫の顔は見られない!?

さぼちゃん

もうすぐ成人になる長男が生まれた頃、「環境ホルモン」のことをTVや本で知った。その時やはり精子への影響を懸念。
たまたまディーゼル車に替えたばかりだったこともあり、彼に絶対車の排気を吸わせないよう気をつけたり、食べ物の添加物には気をつけるのはもちろん、パンツをブリーフタイプからトランクスタイプに替えたりと、とにかく長男の精子を守りたいと必死だった。

現在の彼はと言うと、彼女はいないよう・・・工業系の学校のせいか、女子が少ないということもあるが。
というか女の子に興味がないのかあるのか? かといって男の子に(そっち?!)興味があるというわけでもないよう。
何かとても中性的な感じの彼。色白筋肉なし男の骨皮筋男。主人は結構筋肉質でムキムキ。毛深く男くさい感じなのだが、残念ながらその血は薄く、薄毛の私の血が濃く入ってしまった結果か。
はたまたやはり!「環境ホルモン」のせいであるのか・・・。

人類の行った悪行の中でも最大の悪!! 

でもいつか、かわいい孫の顔が見たい!!

違反報告

タヌキの世が来るのであろうか?

めざめたじいさん

 久し振りに昔のノートを開いてみた。次の数字は理科専攻のK氏の学生の頃の睾丸の大きさだ。
 長さ:47mm、幅:34mm、厚み:30mm
 氏は博学で、ちょっとエッチな会話で多くの友人を集めていた。採れたて?の彼の精虫を顕微鏡で見せてくれ、みな驚く。

 精巣が小さくなるとは米リーグ使用球が日リーグ使用球になると言うことだろうか。

 昨日その友からメールがあり、右ボールが腫れて傷む。前立腺ガンと尿道狭窄症の手術をした後だ。病院ではアイシングし抗生剤をもらって来たという。

 同級の女性から興味ある話が。長女が生まれた後、行為はあっても子どもができない。精子バンクから「数匹の虫を買う。医師がどれにしますか?大きくて堂々としたのを選んだが、医師は別のを使用した」。結果は男の子が生まれた。虫を見て男女の産み分けが出来るのか?

 表題の減少。天罰か、食物摂取の変化か・・・。統計的な結果だとすると、早くその原因を突き止めないと人は滅亡し、タヌキがこの世を支配する。でも、信楽焼職人がいなくなってはタヌキもいなくなる。

違反報告

記事へ戻る