文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

最新医療~夕刊からだ面より

ニュース・解説

加齢で筋力低下 サルコペニア…握力や歩く速さ測定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 サルコペニアをご存じだろうか。加齢に伴って筋肉量や筋力が著しく減り、転倒から寝たきりに至る危険が高い状態のことだ。これまで欧米人を対象にした診断基準しかなかったが、今年1月、新たにアジア人の体格に合った診断基準が発表された。日本老年医学会は「高齢者の健康維持を図る目安の一つとして活用したい」と考えている。



 サルコペニアは、ギリシャ語のsarx(筋肉)、penia(喪失)を合わせた言葉。2010年に欧州の老年医学の研究グループが診断基準を作ったが、欧米人のデータを基にした基準値は、体格の異なるアジア人には必ずしも適さないと考えられた。そこで、日本、韓国、中国、香港、タイなど、アジアの七つの国・地域の研究者が13年から協力、改めてアジア人向けの診断基準をまとめた。

 サルコペニアの定義は、〈1〉筋肉量の減少〈2〉筋力の低下〈3〉身体能力の低下――のうち、〈1〉と、〈2〉か〈3〉のどちらかがある状態だ。

 今回できたアジア人向けの診断基準では、高齢者がサルコペニアかどうかを診断する際、まず握力と歩行速度を測定する。基準値は、握力が男性26キロ・グラム、女性18キロ・グラム未満、歩行速度が秒速0・8メートル以下。どちらか一方でも該当すると、サルコペニアが疑われる。

 握力の基準値は欧州版より低い。両手で各3回測り、最高値をとる。歩行速度(秒速0・8メートル)の目安は、青信号で横断歩道を渡りきれるかどうかだ。

 確定診断は、エックス線を用いる特殊な検査法「DXA(二重エックス線吸収法)」で筋肉量を測定。男性7・0(単位=キロ・グラム/平方メートル)、女性5・4(同)の基準値未満なら、サルコペニアとされる。

 ただし、この筋肉量測定法は普及していないので、研究班メンバーで京都大教授の荒井秀典さん(老年医学)は「握力か歩行速度が基準値以下なら注意が必要と考えて、かかりつけ医などに相談してほしい」と勧める。

 仮に筋肉量が基準値を超えているのに、握力や歩行速度が基準値以下なら、パーキンソン病や変形性膝関節症など、他の病気が影響している可能性もあるという。

 では、サルコペニアに当たる人は、どうしたらよいのか?

 荒井さんは「加齢に伴う筋力低下はある程度仕方ないが、著しい低下は寝たきりなどの危険を高める。改善のため、たんぱく質をしっかり取り、適度に運動する必要がある」と解説する。

 中高年になると、生活習慣病予防のために肥満を気にする人が増えるが、荒井さんは「75歳以上になると、むしろ低栄養状態が問題になるケースが多い。もちろん食べ過ぎはよくないが、肉や魚、卵、乳製品など、たんぱく質を多く含む食品を毎日食べた方がよい」と言う。

 歯が悪い人や、食事をのみ込む機能に問題がある人は、介護食やサプリメントの活用を主治医などと相談するのも一考だ。

 また、適度に筋肉を刺激する運動として、京都大病院では、長さ2メートル程度のゴムバンドを用いた運動や椅子を使ったスクワットなどを勧めている。(高橋圭史)


DXA=Dual-energy X-ray Absorptiometry


 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

最新医療~夕刊からだ面よりの一覧を見る

最新記事