文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療のことば

yomiDr.記事アーカイブ

STAP細胞…生命の不思議を改めて感じさせる世紀の発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 マウスの細胞に酸で刺激を与えたところ、様々な細胞に分化する能力を持った「万能細胞」ができたとの研究を、理化学研究所の小保方晴子さんらのグループがネイチャー誌に発表し、世界的なニュースになりました。

 研究グループはこの細胞を「STAP細胞」と名付けました。「刺激惹起性多能性獲得(Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency)」細胞の頭文字をとったものです。

 様々な細胞に分化する能力をもった細胞は、幹細胞と呼ばれます。骨髄や歯髄、脂肪細胞などの中に存在することが知られており、たとえば血液細胞に変化する造血幹細胞は、白血病に対する移植治療として確立されています。

 STAP細胞のように、あらゆる細胞に分化する能力を備えたものでは、受精卵の段階である胚細胞(ES細胞)、山中伸弥・京大教授がノーベル賞を受賞したiPS細胞(人工多能性幹細胞)があります。これらの細胞が注目を集めているのは、様々な細胞や臓器を人工的に作り出して治療に応用する再生医療につながることが期待されるためです。

 ヒトのES細胞を実際に用いることは、生命倫理の問題が大きく、一般的な臨床応用へは向きません。

 一方、iPS細胞は皮膚細胞などから作ることができるため、ES細胞のような倫理的な問題が生じないのが利点です。理化学研究所の高橋政代さんの研究グループでは、iPS細胞を使って目の網膜を再生する臨床研究に着手しています。ただし、作製に遺伝子を用いるiPS細胞では「がん化」のリスクがあるとされ、がん化をいかに防ぐかが課題とされます。

 STAP細胞はこの点、遺伝子操作は伴わないので、iPS細胞に比べ、がん化のリスクが低いのが利点です。今回の発表は、まだ限られた条件付きのマウスでの研究ですが、今後ヒトでの作製に成功すれば、臨床応用への期待が広がります。

 iPS細胞が発表された際には、細胞の先祖返りが人工的な操作で起きることに、驚かされました。STAP細胞ではさらに、酸刺激というある意味単純なことで起きるということに、輪をかけて驚かされました。生命の成り立ちというのは実は意外にシンプルなものではないか…。今回の発見は、改めて命の不思議さを考えさせてくれるものです。(田村良彦)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療のことばの一覧を見る

最新記事