文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

歌手 前川清さん

一病息災

[歌手 前川清さん]股関節症(1)小3で右足痛 1年入院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「長崎は今日も雨だった」「そして、神戸」「中の島ブルース」「東京砂漠」……。歌謡グループのボーカルとして、数々のヒットを飛ばした。NHK紅白歌合戦の出場は、ソロも合わせると実に29回を数える常連だった。

 澄まし顔のクールな歌手という当初のイメージは脱皮した。お笑いのキャラクターも定着して、舞台でも親しまれている。

 「でも、もしあの病気がなければ、たぶん違った人生を歩んでいたと思う」

 海軍の街として栄えた長崎県佐世保市に、4人兄弟の末っ子として生まれた。駆けっこが得意で、小学2年生の時には6年生より速かったという。

 だが、3年生になると、右足が付け根から痛くなり、歩けなくなった。元気だった少年は1年も入院した。「右足にギプスを巻いて、ペニシリンを毎日注射された。それでも痛みは治まらず、右足を切断する、という話も耳にしました」。病名もよくわからなかった。

 退院後は元看護師の母親におんぶしてもらって通学した。「落第しそうになったけれど、母が懸命に先生に頼んでくれたんです」

 9歳違いのやさしい兄がいた。帽子を買えなかったためか、小学6年生で日射病のため若死にしている。だから両親は、兄の分もかわいがってくれた。その子を襲った突然の病気に、家族は心を砕いていた。

◇         ◇         ◇

 歌手 前川清(まえかわきよし)さん 65

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

歌手 前川清さん

最新記事