文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

オトコのコト 医師・小堀善友ブログ

妊娠・育児・性の悩み

風邪薬でおしっこが出にくくなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 今年の寒さは、例年と比較してずいぶん厳しいようです。日本国内でも日本海側での積雪が多いとのニュースや、世界では寒波でアメリカのホームレスの方が数十人亡くなったとのニュースがありました。

 インフルエンザも流行時期に入りましたし、ますます風邪予防が必要になってきました。

 というわけで今回のテーマは、風邪薬です。テレビでも、いろんな俳優さんが風邪薬の宣伝をしています。

 しかし、そんな風邪薬にも副作用があることをご存じでしょうか?

冬、救急に駆け込むオトコ急増

 この季節になると、風邪薬を飲んだためにおしっこが出なくなってしまうオトコの方がたくさんいます。救急外来に駆け込むことも珍しくありません。

 前立腺肥大がある高齢の男性の方が大多数を占めます。おしっこがしたくて、膀胱ぼうこうがパンパンに張っているのにおしっこが出なくなる「尿閉」という状態になってしまうのです。

 なぜそんなことが起こるのでしょうか?

 実は、一部の風邪薬には、「抗コリン作用」があります。神経伝達物質の働きを妨げる作用で、尿の出を悪くします。病院からの処方薬だけでなく、市販薬にもよく含まれます。

 前立腺肥大の人は、肥大した前立腺が尿道を圧迫するため、もともと尿の出が悪いのです。なので、抗コリン作用を持つ薬は、注意して使用する必要があります。

 市販の風邪薬の説明文書でも、尿が出にくくなる副作用があることや、尿が出にくい症状がある場合は、事前に医師や薬剤師に相談するよう求めています。

 それでも、ご存じない方が相当いるようです。

 私は幸い、尿閉を経験したことはないのですが、患者さんの姿から、とてもつらいことが想像できます。風邪薬とおしっこの浅からぬ関係、多くの人に知ってほしいです。

 立ちションの記事では、意外にも多くのコメントをいただきました。女性の立ちションなどこれまた興味深い話もあり、びっくりです。今後ともご愛読、忌憚きたんないご意見、コメントをいただければ励みになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

オトコのコト_小堀善友顔120px20150821

小堀善友 (こぼり よしとも)

泌尿器科医 埼玉県生まれ

2001年金沢大学医学部卒、09年より獨協医科大学越谷病院泌尿器科勤務。14年9月から米国イリノイ大学シカゴ校に招請研究員として留学。専門分野は男性不妊症、勃起・射精障害、性感染症。詳しくはこちら
主な著書は『泌尿器科医が教えるオトコの「性」活習慣病』(中公新書ラクレ)。詳細はこちら

オトコのコト 医師・小堀善友ブログの一覧を見る

7件 のコメント

前立腺肥大で風邪薬

ぷりぷりちゃん

知り合いが、前立腺肥大で治療中、73歳ある日、身体の調子悪く、節々が、痛いとかかりつけの病院へ、風邪だと薬がだされた。飲んで、三日ぐらいして、尿...

知り合いが、前立腺肥大で治療中、73歳ある日、身体の調子悪く、節々が、痛いとかかりつけの病院へ、風邪だと薬がだされた。飲んで、三日ぐらいして、尿が、でない!本人びっくり、痛さのあまり、救急車で病院、尿をとってもらいホッとーまたもや尿がでず七転八倒、行き着けの病院いくと、まれに、尿が、出なくなる事があるといわれた。なんだ、そりゃー先に、説明してくれだよ。ネットで、調べてびっくりしました。知らない事の怖さ

つづきを読む

違反報告

尿の出なくなった理由は・・・

めざめたじいさん

>尿意はあっても出るのはちょろちょろ、抗コリン剤とは無関係だったようです。生検を受けた時、すでに前立腺が腫れていて、さらに検査で針を刺したので余...

>尿意はあっても出るのはちょろちょろ、
抗コリン剤とは無関係だったようです。
生検を受けた時、すでに前立腺が腫れていて、さらに検査で針を刺したので余計に肥大したようです。

尿が出なかったのは前立腺が腫れ、尿道閉鎖になったのでしょう。
数日後、いつものように出たと安心していました。

つづきを読む

違反報告

前立腺癌で生検後尿が出なくなった友人

めざめたじいさん

1週間目に生検を受けた友、術後出血が2日ほどあり、3日間足止めされました。ようやく病院から解放されたのですが、尿意はあっても出るのはちょろちょろ...

1週間目に生検を受けた友、術後出血が2日ほどあり、3日間足止めされました。
ようやく病院から解放されたのですが、尿意はあっても出るのはちょろちょろ、トイレに座って暮らすわけにもいかず、それと手外にも行けなくなったようです。

腰の周りを冷やすなと言われたようですが、妙案がなく、泣く泣く普段通りの生活が出来なくなりました。

70歳の方です。すでに数年前手術を受けたそうですが、直りきらないようです。
やはり、抗コリン剤を服用しているのか。どのようなクスリに入っているのでしょうか。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事