文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宋美玄のママライフ実況中継

コラム

「真実のお産」で本当の女に!?私はごめんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
妹が出産祝いにくれたクマのぬいぐるみと通園中

 一年で一番寒い季節になりましたが、娘は風邪も引かずに毎日元気に保育園に行っています。少し鼻水が出るくらいはたまにありますが、この冬はまだ熱を出したりしていません。健康でとてもありがたいです。インフルエンザのワクチンを打っていることも奏功しているのでしょうね。1歳後半くらいからベビーカーを嫌がるようになり、保育園までベビーカーを押しながらずっと抱っこして両手首が腱鞘けんしょう炎になったり、ベビーカーに無理矢理乗せると大泣きで脱出されて危険な目に遭いかけたりしましたが、お気に入りのクマのぬいぐるみと一緒に乗せたらとてもご機嫌で乗ってくれるようになりました。毎日、クマのぬいぐるみと通園しています。

「死んだ方が幸せ」と医師が言い切るのは暴言

 先週の「死は悪いことではない!?『自然出産』に違和感」を多くの方に読んでいただいたようで、とてもありがたいことです。「自然出産」の教祖である吉村正医師の出産方法に直接関係ない思想についてかなり強く批判したにもかかわらず、あまり反論がなかったのはどちらかと言えば意外でした。吉村医師は「『幸せなお産』が日本を変える」(講談社+α新書)という著書の中でこう書いています。


 「あるとき、私の講演で、こんな質問をした人がいました。

 『先生はいまの産科学を否定されますが、医学が進歩し、お産を支えるようになったからこそ、周産期死亡率が下がったのではありませんか』

 たしかに、昔は1000人のうち40人の赤ちゃんが生まれるときに亡くなりました。今は1000人のうち7人くらいしか死にません。それは医学の進歩のおかげではないか、とその人は言うのです。どこかのお医者さんか、大学の先生だったような気がします。

 私は思わず、『バカを言え!』と言ってしまいました。40人死ぬはずが、7人に減ったとしても、そのことは幸せか?自然に生まれれば死んでいた命を、医学の力で無理やり生かし、いっぱい管につないだり、あちこち切ったりして、延命させたところで、はたしてそのことで人類の幸せが増したことになるのか?」



 そして、40人死んでいた頃の方が子供は上手く育った、死ぬものは死ぬ、生きるものは生きる、決めるのは神であるとの持論が続きます。まず一つ補足しますと、昔なら助からなかったけれども今の医学で助かったという赤ちゃんが皆「無理やり」生かされて管をたくさんつながれている訳ではなく、健康体で助かる赤ちゃんが増えた訳であるのに、そこを読者に誤解させて医療のマイナスイメージを植え付けています。どのレベルに医学が進んでも、周産期に死ぬ赤ちゃん、健康に生まれる赤ちゃん、そして助かったけれど生きていくのに医療を必要とする赤ちゃんはどれも存在します。彼の主張は、「完全に健康体でないなら生まれてきても幸せではない」と言っているのと同じで、優生学に他なりません。「命」と「幸せ」を天秤てんびんにかけているのですが、幸せこそ一人一人で価値観が違うものなのに、「死んだ方が幸せだ」と医師の立場で言い切るのは「1分でも1秒でも長く心臓を動かすのが正しい医療だ」と言うのと同じように暴論だと思います。親の「幸せ」のために日本の標準医療なら普通に生まれて来られただろう赤ちゃんが吉村医院もしくは搬送先で命を落としてきたことを考えると胸がつまります。

 著書では、吉村医院は何も手出しをしないけれど逆子でもハイリスク分娩でもつるつる生まれてアプガースコア(新生児の元気さを測るスコア)も非常によいと書かれているのには、吉村医院からの搬送依頼を受けている周辺のいくつもの病院のスタッフたちの「うそをつけ!」という声が聞こえてきそうでした。

看過できないジェンダーバイアス

 吉村医師の言説を一つ一つ取り上げて反論してもきりがないのでやめますが、ジェンダーバイアス(性的偏見)のひどさは看過できないのでこちらで触れさせてください。著書によれば吉村医院で「真実のお産」をすると本当の「女」であり「母親」になれるとのこと。また、帝王切開で産むと本当の「女」にも「母親」にもなれないそうです。「私は女性を本当の『女』にしたくて、そして女性が女性の素晴らしさに目覚めてほしくて、自然なお産にのめりこむようになったのかもしれません」と書かれていますが、産科医に本当の「女」にされるなんて個人的には気持ち悪くてごめんこうむりたいです。

 また、「妊娠したら女は働くのをやめるべき」「現代社会は男社会で、外で働くと女の顔はどんどん男性化する」など、社会は男のものであり、産み育てるのが女の役割であると熱く述べていますが、このあたりは出産の本質とは関係なく、単なる時代錯誤だと感じます。メディア関係者に礼賛され、インテリ女性も傾倒すると言う吉村医師ですが、そういった人たちは本当に吉村医師のジェンダーバイアスを受け入れているのでしょうか。

 吉村医師の主張の根幹は医療を介入させない自然なお産がよいということで、私も出来るだけそうしたいし、妊婦の産む力が最も発揮されやすい姿勢を自由に取れるような出産法(こちらで何度か触れたガスケアプローチのことです)がもっと広まってほしいと考えているので、共感する部分も多くあります。しかし、吉村医師の極端な思想と危険な管理と医療批判が、日本中の少なくない産科医に「自然出産アレルギー」を抱かせているというのは事実だと思います。皮肉なことですが、吉村医師の影響力は日本の出産を自然とは逆の方向に向かわせているかも知れないのです。少なくとも出産の生理学という本質から外れた部分で「自然出産」が議論されているのは歯がゆく思います。

 次回はなぜ吉村医院がメディアに礼賛されるのかということについて私なりの考えを述べたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

son_n_400

宋 美玄(そん・みひょん)

産婦人科医、医学博士。

1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら

このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)。

宋美玄のママライフ実況中継の一覧を見る

13件 のコメント

コメントを書く

自然出産を応援する女性医師の記事もぜひ

maki

出来るだけ自然なお産をしたくて、検索してここに来ました。 自然出産を応援する女性医師の紹介もして欲しいですね。 現代は、いろんな需要があるのだと...

出来るだけ自然なお産をしたくて、検索してここに来ました。
自然出産を応援する女性医師の紹介もして欲しいですね。

現代は、いろんな需要があるのだと思います。

つづきを読む

違反報告

苦労至上主義?

あき

母親と自己犠牲的行為は切り離せないのでしょうか?もううんざりです。昭和の自我を捨てた自己犠牲的専業主婦は、今は随分減りました。しかし、そんな女や...

母親と自己犠牲的行為は切り離せないのでしょうか?もううんざりです。

昭和の自我を捨てた自己犠牲的専業主婦は、今は随分減りました。
しかし、そんな女や母親を理想とする人たちが、「理想の・本当の・立派な母親」になるよう現代の女を矯正するために、
女にしかできない、そして母親になるために必ず通過する妊娠出産を利用して自己犠牲を強制しているように思います。

つづきを読む

違反報告

おかしすぎる

かな

世の中にはした方がよい苦労としなくていい苦労があり、出産なんかは後者に入ります。苦労して生んでこそ一人前!みたいな前時代な考えには反吐がでます。...

世の中にはした方がよい苦労としなくていい苦労があり、
出産なんかは後者に入ります。
苦労して生んでこそ一人前!みたいな前時代な考えには反吐がでます。
臨月まで寝づらかったりつわりで苦しむんだから、それで十分じゃないですか。
どんなに女を苦しめるんですか?
無痛分娩には大賛成です。
射精の快感だけで済むから、本当にこの男の医師は楽ですよね。
このおじさんも前時代をよかったよかったと言うのなら、
産褥期の女性が命を落としていた、
前時代みたいな不衛生な環境の助産院を作ればいいんじゃないですか?

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事