文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いのちに優しく いまづ医師漢方ブログ

yomiDr.記事アーカイブ

冬の牡蠣、ファストフード多い方に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ソースかしょうゆか

 冬の寒い時期、牡蠣かきが食べ頃になります。三陸や広島など、日本は海に囲まれていますので、全国に特産地があります。冬ばかりでなく、夏には能登の岩牡蠣もありますね。

 先日、牡蠣フライが大好物の友人から、質問を受けました。彼が行くレストランでは、牡蠣フライには、ソースが添えられるのだそうです。しかし、その友人は、しょうゆをかけてたべるのが当たり前だったとのこと。そこで私への質問は、牡蠣フライにソースをかけた方がいいのか、しょうゆの方がいいのか、医学的にどう考えるのか、というのです。

 わたしは大変困ってしまいました。

 お皿の脇に添えてあるレモンは、レモンに含まれるクエン酸に殺菌作用があるため、食中毒を予防すると説明はできるのですが、牡蠣フライにしょうゆとソースの組み合わせの効能までは、残念ながら医学的に説明できませんでした。

 主な食べ物と付け合わせの効能を表にしてみました。


牡蠣フライレモンクエン酸による殺菌作用
おにぎり梅干しクエン酸による殺菌作用
刺し身わさびアリルイソチオシアネートによる殺菌作用
うどん、そばネギアリシンによる殺菌作用

不足しがちな亜鉛たっぷり

 牡蠣には、亜鉛が豊富に含まれています。この亜鉛不足が、味覚障害の原因になることはみなさんもよくご存じだと思います。ファストフードが多い方は、栄養バランスがかたよってしまい、亜鉛不足になりがちです。和食の食材では、煮干しやごまなどに亜鉛は含まれています。毎日、少しずつ亜鉛をとるように心がける必要があります。

 がん化学療法を受けている方が、味覚障害を訴えることはよくあります。この場合は、治療として亜鉛を補充します。ただ、亜鉛不足以外にも治療による神経障害や口腔こうくう粘膜障害による味覚障害もありますので、注意が必要です。

 牡蠣の恩恵は、亜鉛だけではありません。牡蠣の殻は「ぼれい」と呼ばれ、こまかく砕いて漢方薬の原料にも使われています。使われている主な漢方薬は次の通りです。


安中散(あんちゅうさん)、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)、柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)



 日本は四季折々、様々な食材を楽しむことができる国です。その時々の旬を楽しむには、八百屋さんやお魚屋さんの知恵を借りるといいでしょう。安くて美味おいしい食材で楽しい食卓を家族と一緒に過ごすことが健康にとって、一番の栄養となります。その時期にしか食べられないものを季節の恵みと感謝して、毎日を過ごしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いまづ医師の漢方ブログ_顔120

今津嘉宏(いまづ よしひろ)

芝大門いまづクリニック(東京都港区)院長

藤田保健衛生大学医学部卒業後に慶應義塾大学医学部外科学教室に入局。国立霞ヶ浦病院外科、東京都済生会中央病院外科、慶應義塾大学医学部漢方医学センター等を経て現職。

日本がん治療認定機構認定医・暫定教育医、日本外科学会専門医、日本東洋医学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医

いのちに優しく いまづ医師漢方ブログの一覧を見る

4件 のコメント

食べていると思いきや、蛋白質数値がL

めざめたじいさん

家内が先日血液検査を受けました。結果、Lが2カ所、コレステロール値、善玉が多いのでむしろ喜ぶべきと。もう1つは、蛋白質、必ず蛋白質を献立に入れて...

家内が先日血液検査を受けました。

結果、Lが2カ所、

コレステロール値、善玉が多いのでむしろ喜ぶべきと。

もう1つは、蛋白質、必ず蛋白質を献立に入れているのですが、吸収されないのでしょうか。

これ以上量を増やせません。食事の対策はどうしたらよいでしょう。

つづきを読む

違反報告

献立変更、今夜は牡蠣鍋

めざめたじいさん

>亜鉛の不足は前立腺の障害を招きますとある。PSAの数値が下がったとは言え、まだ生きたいので。>尿でも1日の排尿中に0.045mg±0.015m...

>亜鉛の不足は前立腺の障害を招きます
とある。PSAの数値が下がったとは言え、まだ生きたいので。

>尿でも1日の排尿中に0.045mg±0.015mg含有。1回の射精量5mlとしますと1mgを排出することになる、とも。レスでも尿から出ては・・・。

家内からポトフと献立にあるが、牡蠣鍋に変更するつもり。

骨粗鬆症にも改善が見られるともある。
家内が心配している骨の病気も、美味しく、温かく、柔らかくいただける牡蠣鍋に決めた。


つづきを読む

違反報告

男は牡蠣で勝負する

埼玉のシニア

牡蠣は独特の味がして、山の中のお育ちで田舎者の私には苦手でしたが、会社の食堂でフライを食べてから好きになり、冬には 特に寒い日のカキフライは最高...

牡蠣は独特の味がして、山の中のお育ちで田舎者の私には苦手でしたが、会社の食堂でフライを食べてから好きになり、冬には 特に寒い日のカキフライは最高です。もちろん牡蠣鍋も。

出張で冬季にフランスに行った時も、生ガキを食べました。恐る恐る食べましたが、レモンの酸っぱい味の中に牡蠣の甘みが舌にとろけ、奴らはこんな上手いものを毎日食べていたのかと、だから体力精力生活力が漲っていたのかとガッテンした次第。

牡蠣を食べると亜鉛が取れますが、男は亜鉛が不足すると男が弱くなりますので是非冬の間に牡蠣を食べたいものですな。 

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事