文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

子宮頸がんワクチン…「痛み」緩和 支援の連携で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に慢性的な痛みを訴える患者が出ている問題で、厚生労働省研究班は、接種時の痛みや思春期のストレスが関与しているのではないかとする見方を、同省の有識者検討会に報告した。子どもたちを学校生活に戻すため、専門家、親、学校の連携した支援が欠かせない。 ◇  子宮頸がんワクチンは昨年4月、予防接種法に基づく定期接種に加えられた。対象は小学校6年生から高校1年生で、接種後に原…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事