文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

化学物質過敏症(2)「子ども甘やかし」誤解も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 化学物質過敏症は、食品や空気中の化学物質が体内に蓄積し、許容量を超えた時に発症すると考えられている。許容量をコップ、化学物質を水に例えると、注ぎ続けた水がコップからあふれた時が「発症」になる。コップの大きさは人それぞれで、小さい人は幼少期に症状が表れることもある。  近畿地方の男児(7)は、1歳の時に食物アレルギーと分かった。ナッツ類や乳製品、タマゴなどを口にすると、体中に発疹が出たり、息苦しさ…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事