文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

オトコのコト 医師・小堀善友ブログ

妊娠・育児・性の悩み

膀胱炎の悩みにボストン名物、クランベリーを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ボストンの米国生殖医学会で、せっかくなので名物を食べてきました。

 写真はクラムチャウダー、ロブスター(のサンドイッチ)、そしてサミュエルアダムスのビールです。それぞれ、ボストンの名物だといいます。

 驚いたのはサミュエルアダムスのチェリー味のビール。ちょっと、色もほんのり赤く、チェリーの甘酸っぱい香り。飲んでみると確かにビールなのですが、そこはかとなくチェリーの風味がします。大変衝撃でしたが、日本では売れないだろうなー。

 さらに、ボストンには隠れた名物があります。それはクランベリーです。

 ボストンのあるマサチューセッツ州は、米国のクランベリーのおよそ半分を生産しているそうです。歴史は長く、もともとイギリス人が米国を開拓する際に、ビタミン不足にならないように育てたのが始まりであるとか。

 そこで、クランベリージュースものんでみました。クランベリーは、泌尿器科医である私は、 膀胱ぼうこう炎を繰り返す女性にすすめる事があります。

 クランベリーに関する研究では、尿路の感染症を予防する効果が認められているからです。

 子どもについては過去にこのブログでも書きました(ジュースを飲んで、おしっこキレイ?=2012年12月4日付=)。尿路感染症を繰り返している方は、ぜひお試しを。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

オトコのコト_小堀善友顔120px20150821

小堀善友 (こぼり よしとも)

泌尿器科医 埼玉県生まれ

2001年金沢大学医学部卒、09年より獨協医科大学越谷病院泌尿器科勤務。14年9月から米国イリノイ大学シカゴ校に招請研究員として留学。専門分野は男性不妊症、勃起・射精障害、性感染症。詳しくはこちら
主な著書は『泌尿器科医が教えるオトコの「性」活習慣病』(中公新書ラクレ)。詳細はこちら

オトコのコト 医師・小堀善友ブログの一覧を見る

1件 のコメント

クランベリー

Tom

私は15年ほど前に腎臓の移植を受けましたがクランベリージュースは腎臓に良いと言われ手術の前には良く飲みました。今はあまり必用が無いし安くはないの...

私は15年ほど前に腎臓の移植を受けましたがクランベリージュースは腎臓に良いと言われ手術の前には良く飲みました。
今はあまり必用が無いし安くはないのであまり飲みませんがクランベリーカクテルはどこでも売っていますが純粋のクランベリージュ―スは限られた店でしかかえません。カクテルのほうが飲みやすいですが純粋のジュースはあまり美味しく有りません。薬と思って飲めばそんなに悪くはないですね.

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事