文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

体の声を聴く

からだコラム

[体の声を聴く]医師の言葉で苦しみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 医師の言葉は、しばしば病気の予後を左右します。Eさんは60歳代前半の女性。お尻から両足の太もも内側にかけて、慢性の痛みが5年間続いている人でした。

 整形外科で腰椎ヘルニアと指摘され手術を受けても、痛みはなくなりません。さらに大学病院を含む11か所のペインクリニックや整形外科を受診。医師から「手遅れ」「心因性」「うつや!」などの言葉を投げかけられ、痛みと絶望のため2度の自殺を試み、精神科に入院したこともありました。

 診察室に入ってきたEさんは「座っているのが苦痛で、寝ている時以外は地獄です。立ったまま診察をお願いします」。この言葉だけで、私は痛みの原因が推測できました。全身を診察した後、肛門に指を入れて調べる「直腸診」を行い、肛門を持ち上げ支えている肛門挙筋を指で押さえると、予測した通り、Eさんが訴えている部位に激痛が起こりました。

 診察後、私は肛門と直腸の絵を描き、「あなたの痛みは肛門直腸障害という機能性胃腸障害の一つですよ」と説明したところ、ようやく納得したようです。

 1か月後、Eさんは娘さんを連れて来院しました。表情がにこやかで別人のようでした。軽い痛みはまだ続いているようですが、娘さんによると、「これまで寝たきりでしたが、今は買い物も家事も自分でするようになり、見違えるように元気になりました」とのこと。Eさんは「先生から痛みの原因の説明を受けて、安心できたのです」と話してくれました。

 「異常ない」「心因性」「うつ」といった言葉は、かえって患者を拒絶し、苦しめてしまうことになるのです。医師が「患者の視点」を持つことは、すべての医療の原点です。(清仁会洛西ニュータウン病院名誉院長・心療内科部長 中井吉英)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

karada_400b

 
 

からだコラムの一覧を見る

体の声を聴く

最新記事