文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

オトコのコト 医師・小堀善友ブログ

妊娠・育児・性の悩み

ご存じですか? 精巣にも腫瘍ができます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 本日は、タマにできる腫瘍についてのお話です。

 精巣腫瘍は20~35歳の男性に多くみられるがんで、若年者に多いことが大きな特徴です。初期には症状がほとんどなく、進行してから見つかることが少なくはありません。「タマがでかくなって硬くなってきた」ということで見つかることが多いのですが、若年者に起こる腫瘍であるため、羞恥心のために病院を受診できずにがんが進行してしまったという例もあります。

 若い人に多い原因はよくわかっていないのですが、最近ではTesticular dysgenesis syndrome (TDS:直訳すると精巣発育異常症候群)という考えがあり、(1)精巣腫瘍(2)尿道下裂(3)停留精巣(4)造精機能低下(男性不妊症)がそれぞれかかわり合いを持っていて、TDSの一つの症状として発現していると考えられています。

 たとえば、私は男性不妊症患者さんの中には、過去に精巣腫瘍の治療を受けた患者や、子どもの頃に停留精巣の手術を受けていた人が多いです。

 精巣腫瘍や停留精巣があったから不妊症になった、というわけではなく、精巣腫瘍や停留精巣がある人は元々不妊症になるような原因がある、ということになります。

 TDSは東京ディズニーシーではなく、精巣に起こるさまざまな異常を総合して考えた病態である、ということを覚えておいてください。

 さて、精巣腫瘍には主にセミノーマと非セミノーマの2種類があり、増殖の仕方や広がり方が異なります。治療としては手術をする外科的治療と抗がん剤を用いた化学療法、放射線療法を組み合わせた治療が行われます。手術は高位除睾(こういじょこう)術という精巣を精索血管ごと根こそぎ摘出する方法がとられますが、その後に使用される抗がん剤も組み合わせが複数あるため、専門医の診断・治療が必要です。

 NPO法人のキャンサーネットジャパンが、11月16日(土)、秋葉原にて、UDXオープンカレッジ「もっと知ってほしい 精巣腫瘍のこと」を開催します。医師の講演だけでなく、闘病した新聞記者も体験を話すようです。ご興味がある方は参加してみてはいかがでしょうか?

 詳しくは、http://www.cancernet.jp/7056まで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

オトコのコト_小堀善友顔120px20150821

小堀善友 (こぼり よしとも)

泌尿器科医 埼玉県生まれ

2001年金沢大学医学部卒、09年より獨協医科大学越谷病院泌尿器科勤務。14年9月から米国イリノイ大学シカゴ校に招請研究員として留学。専門分野は男性不妊症、勃起・射精障害、性感染症。詳しくはこちら
主な著書は『泌尿器科医が教えるオトコの「性」活習慣病』(中公新書ラクレ)。詳細はこちら

オトコのコト 医師・小堀善友ブログの一覧を見る

最新記事