文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

医療・健康・介護のニュース・解説

体外受精児30万人…長期的な影響調査 必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 体外受精で生まれた子どもが30万人を超えたことが、日本産科婦人科学会(日産婦)の調査でわかった。革新的な技術は、多くの不妊に悩む夫婦に恩恵をもたらしたが、実施には課題が残っている。 ◇  体外受精は、卵巣に針を刺して採取した卵子に、精子をふりかけて受精卵をつくり、子宮に戻す不妊治療だ。1978年、英国で初めて成功した。  国内では、83年に東北大で初の体外受精児が誕生した。2011年に行われた体…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事