文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

タレント 桜金造 さん 56

一病息災

[タレント 桜金造さん]脳出血(2)救急隊員「絶対眠らないで」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 同居する鶴子(たづこ)さん(55)は、異変にすぐ気づいた。桜さんの顔面がゆがむなどマヒの症状がすでに表れていた。

 「やめろ!」

 思わず風呂場に響くほどの大きな声をあげていた。浴室でおぼれかけている自分の姿を見た鶴子さんが、救急車を呼ぼうとしたからだ。もう少し様子をみれば体は動くようになるだろう。それに、裸の姿を他人に見られるのは恥ずかしい。そんな風に事態を甘く見ていた。

 「ダメよ、呼ぶわ」

 鶴子さんはすぐに119番をダイヤルした。それと同時にすぐさま、お風呂の栓を抜いた。おぼれることを防げるからだ。桜さんを救いたい一心からの機転だった。

 裸で浴槽に取り残されていると、救急隊員3人が部屋に飛び込んできた。

 「お名前、言えますか」。サイレンが鳴り響く救急車の中。隊員が大声で呼びかけてくる。さらに、両手でバチンバチンと往復ビンタされた。「絶対に、眠ってはダメですよ」

 健康には自信があった。ボクシングや水泳でジムに通っている。合気道は初段寸前の腕前だ。ただし、血圧は少し高かった。

 「あくび、継続中」。救急隊員は自分の様子について、逐一病院に報告している。これは、ただごとではないかもしれない。ようやく事態がのみこめた。

◇         ◇         ◇

 タレント 桜金造(さくらきんぞう)さん 56

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

タレント 桜金造 さん 56

最新記事