文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

タレント 矢沢心 さん 32

一病息災

[タレント 矢沢心さん]不妊治療(4)会いたくて授かった娘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 次があると信じて臨んだ6回目の体外受精。無事に着床したが、大喜びというより「次のステップに進めた」と冷静に受け止めた。「心拍が確認できた」「胎動があった」。それからは、一つ一つ確かめるように過ごした。「この子をおなかの中で守ってあげよう」

 夫の魔裟斗(まさと)さんから「妊娠中は大事な仕事中」といううれしい言葉をもらい、頼れる部分は夫や家族の手を借りた。

 2012年6月22日。長女が産声を上げた。陣痛が始まってから、魔裟斗さんがマッサージし、一緒に呼吸もしてくれた。「よく頑張った」と試合後のように笑う魔裟斗さんは、出産の立ち会いで体重が1・5キロも減ったという。

 4年の不妊治療を経て、「会いたかったのはこの子だった」と心から思う。流産も経験したが、心身や仕事の状態などから、授かりどきは今だった、とも。

 不妊治療をすれば誰でも授かるわけではない。だが、若いからと言って妊娠できるとも限らない。「赤ちゃんはまだ?」「若いからすぐできる」などの言葉に悲しい思いもした。だから、子どもを望む誰かの役に立てたら、と願っている。

 娘は1歳。「会いたくて、会いたくて、会いたくて、あなたを授かったの」。そう話そうと思っている。(文・酒井麻里子、写真・伊藤紘二)

◇       ◇       ◇

 タレント 矢沢心(やざわしん)さん 32

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

<PR情報>

タレント 矢沢心 さん 32

最新記事