文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

海原純子のハート通信

yomiDr.記事アーカイブ

認知療法のスキルをロールプレイで学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 国立精神・神経医療研究センターの認知行動療法センター(東京都小平市)では、年3回、市民向けの「こころのエクササイズ研修講座」を開いています。この講座は、認知療法、認知行動療法の基本的なスキルを学び、ストレス対処に生かしていくことを目的に、1回90分、全6回のシリーズで開講されています。ただ講義を聞くだけでなく、実際にロールプレイ(役割演技)しながら学んでいくというもの。9月30日から秋の講座がスタートしたので見学させていただきました。

 小クラスの授業という雰囲気の講座は、30~60歳代の方々が中心で、やや女性が多く、中には有給休暇をとって参加している看護師さんもいました。第1回の講座では「気分」「考え」「行動」のつながりを知り、自分の考え方の癖を知ることを中心にロールプレイが行われました。

 たとえば、先へ先へと考える「先読み」思考は、先へ先へと悲観的に考えてしまう一方で、用心深く、失敗が少ないなど、考え方の癖は悪いことばかりではない、という話を聞いて、「ほっとした。見方を変えるとそうなるのですね」などとおっしゃる方もいました。

 さて、講座が始まる前に所長の大野裕先生とお会いする機会があり、10月3日発売のご本をいただきました。アレン・フランセス博士の本を翻訳した「<正常>を救え」(講談社)です=写真=。大野先生が監修なさいました。アレン博士は、米国で精神疾患の診断マニュアルDSM-4を作製した第一人者ですが、その博士がDSM-4を痛烈に批判したのが本書です。

 診断基準を作り出すことにより「疾患」を作り出しているという批判は、言葉を換えれば、「正常」な気分の落ち込みや「正常」な不安を、ことさら「病気」として病人を作り出してしまうことへの警鐘とも言えるでしょう。病気を作り出すのではなく、本来その人の持っている心の力や回復力を引き出し、手助けするのが医療であるというメッセージのこもった力作です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

海原純子ブログ_顔87

海原 純子(うみはら じゅんこ)

1976年東京慈恵会医科大学卒業。日本医科大学特任教授。医学博士。2008-2010年、ハーバード大学及びDana-Farber研究所・客員研究員。現在はハーバード大学ヘルスコミュニケーション研究室と連携をとりながら研究活動を行っている。

海原純子のハート通信の一覧を見る

3件 のコメント

紹介してくださった本

オーストラリア大好き人間

買いました。結構いい本です。一読をお勧めします。

買いました。
結構いい本です。一読をお勧めします。

違反報告

時すでに遅し、か?

めざめたじいさん

「こころのエクササイズ研修講座」の参加者が30~60代と聞いて,いささか慌てている79歳夫婦です。この年代の時は二人とも多忙を極め、認知行動とい...

「こころのエクササイズ研修講座」の参加者が30~60代と聞いて,いささか慌てている79歳夫婦です。

この年代の時は二人とも多忙を極め、認知行動という言葉さえ知りませんでした。最近になって「70歳の方がゆくへ不明」と、人相書きのおふれが目に付き,こんな若い人がなぜ?と目を疑います。

77歳まで仕事があったので、毎日小さいながら課題を抱え、課題解決に懸命でした。ところが、時間と行動が自由となって、「さて、この先何を目標にしたらいいのだろうか」目標を自ら見つけないといけなくなりました。

ようやく見つけたカルチャーセンターの講義、70過ぎの手習いには荷が重く、挫折寸前、払い込んだ受講料が勿体なくて行くような始末。3回の食事作りも、私が料理教室の実習に台所という城を奪われつつあります。一緒に台所に立つほどの仕事はなく、行き場がなくなった家内、このままでは認知度が上がる可能性が大きくなっていきそうです。

耳が遠くなり、目もかすみつつあり、音楽にも文学にも疎遠になりつつあります。さて、どうしたものでしょう。

つづきを読む

違反報告

先読み症候群

先読み太朗

記事の中で言及した先読み癖の持ち主です。私は、「ああなったらどうしよう」「こうなったらどうしよう」とシャボン玉のように次から次に不安の渦を巻き起...

記事の中で言及した先読み癖の持ち主です。

私は、「ああなったらどうしよう」「こうなったらどうしよう」とシャボン玉のように次から次に不安の渦を巻き起こして、己が生み出した妄想性の不安に震える毎日です。おかげで、過去、数度のうつ病に死ぬほど苦しみました。

同時に、私は、先の先まで用心を重ねて遠い将来まで見通した計画を立てて、この計画にしたがって実行する性格です。この慎重な性格のおかげで、私の老後は、金銭面で不安が小さい生活がおくれそうです。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事