文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

はつらつ健康指南

健康・ダイエット

鉄道パス いい日旅立ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
JR北海道が販売している割安な「フリーきっぷ」で乗車できる「SLニセコ号」(JR北海道提供)

 秋の行楽シーズンを迎え、紅葉狩りや旅行を車でと考えている人も多いだろう。ただ、最近のガソリン価格の高騰のほか、道路の渋滞なども気になる。鉄道各社の周遊パスを使えば、便利で割安な鉄道の旅を楽しむこともできる。(愛敬珠樹)

富士山5合目まで

 鉄道各社は、集客を増やすため、様々な周遊パスの導入を進めている。鉄道料金の割引だけでなく、バスや船の乗り放題、観光施設の割引優待などの特典が付くものも多い。

 JRグループが20日から販売を始めたのが、「秋の乗り放題パス」(大人7500円)だ。10月14日の「鉄道の日」に合わせて販売しているもので、10月5日~20日までの有効期間内の連続3日間、全国のJR普通・快速列車、JR西日本の宮島フェリー(広島県)などが乗り放題となる。

 富士山の世界遺産登録にちなんで、JR東日本と富士急行が6月から販売している「世界遺産・富士山フリー乗車券」は、中央線~富士急行線経由で富士山5合目まで行ける周遊パスだ。JR中央線大月駅(山梨県)から乗り換えた先の富士急行線と、5合目までの登山バスや周遊バスなど3種のバスが2日間乗り放題で東京都区内などからで4500円。新宿から5合目までの通常の往復運賃より2280円安い上に、周辺観光も楽しめる。

式年遷宮の伊勢神宮

 今秋、20年ぶりに「式年遷宮」が執り行われる伊勢神宮(三重県)に出かけるのなら、近畿日本鉄道の周遊パス「伊勢・鳥羽・志摩スーパーパスポート まわりゃんせ」が便利だ。大人9500円で、名古屋や大阪から全席指定の特急に乗れる(往復)ほか、バスや定期船などが4日間乗り放題となる。周辺29の観光施設の無料入場券や手荷物1個を自宅に送れる無料配送サービスも付いている。

 また、今月から関西の私鉄各社は「ご遷宮記念 伊勢神宮参拝きっぷ」を共同で販売している。3日間有効でバスなどが乗り放題、観光施設割引や観光ガイドブックなどが無料で付いてくるほか、往復特急券付きもある。

北海道をSLで

 首都圏近くの周遊パスでは、小田急電鉄の「箱根フリーパス」もある。新宿―小田原(神奈川県)までの小田急線の往復乗車券のほか、箱根の登山電車やケーブルカー、ロープウエー、観光船など箱根の乗り物がほとんど乗り放題で、温泉や美術館などの優待割引も受けられる。有効期間は2日または3日。2日券は大人1人が5000円だが、子供1人は1500円と割安のため、子供連れにはありがたい。

 このほか、最も鉄道らしい列車SLの旅もいい。JR北海道は「SLニセコ号」(札幌―蘭越)の秋の運行に合わせて「フリーきっぷ」(往復3600円)を販売している。通常料金より約4割安く、小樽周辺での途中下車もできるので、小樽観光も同時に楽しめる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

はつらつ健康指南の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事