文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

骨髄炎(化膿性骨髄炎)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

抜歯後「骨髄炎」で鈍痛続く

 歯科医院で左上の奥歯を抜歯後、頬の痛みや腫れに悩まされています。大学病院で骨髄炎と診断され、抗菌薬と痛み止めで約2か月間治療しても、歯の奥に響くような鈍痛が続きます。歯茎には硬い腫れ物が数か所あります。(45歳女性)

外科的治療の検討必要

 莇生田(あそだ) 整治 慶応大病院歯科・口腔(こうくう)外科講師(東京都新宿区)

 口腔内に生じる骨髄炎は「顎骨(がっこつ)骨髄炎」と呼ばれ、顎の骨の中心にある骨髄や周囲組織に炎症が波及して起きる病気です。治りにくく、多くは虫歯や抜歯後の細菌感染が原因です。

 病気の進行度により症状は異なりますが、通常は歯や骨の深部に痛みが生じ、歯茎が腫れて(うみ)が出ます。

 治療は、原因菌に対する抗菌薬を数か月投与し、必要があれば切開して膿を排出します。改善が見られる場合は、炎症を起こしていた骨が壊死(えし)して「腐骨」となり、徐々に周囲の健康骨から分離するため、切開して取り除きます。

 それでも効果が得られない時は、外科的治療の併用を検討します。炎症を起こしている骨を削ったり、血流を良くして抗菌薬が到達しやすいように、骨髄の外側を覆う「皮質(ひしつ)骨」に穴を開けたりします。

 ご質問者の歯茎の硬い腫れ物は、膿と腐骨に接する骨が体を守ろうと硬くなった「骨柩(こつきゅう)」かもしれません。病状が長期化する可能性が高く、痛みの治療や外科的治療の検討が必要です。

 また、上顎の骨は下顎に比べて「皮質骨」が薄く血流が豊富なため、骨髄炎が通常起こりにくい部位です。糖尿病や貧血などの持病や、顎骨壊死の副作用が出ることがある骨粗しょう症治療薬ビスフォスフォネート製剤の服用の有無など、別の要因についても調べる必要があります。

 口腔(こうくう)外科専門医のいる診療機関で相談されると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

読売IDを取得し、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方が利用できます。
下の「会員登録」のボタンをクリックして、手続きしてください。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談には、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。電話相談は、読売新聞を購読されている方で、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方のみご利用できます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

医療大全で見る

医療大全では、病気のほか、検診・治療・付き合い方など、項目ごとに整理された記事を読むことができます。

医療大全で「骨髄炎(化膿性骨髄炎)」を見る