文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宋美玄のママライフ実況中継

コラム

母親に厳しい司法判断に怒りを禁じ得ません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ぴったんこカードで遊ぶ娘

 娘の1歳6か月の歯科健診を受けさせていなかったため、自治体から様子をうかがう手紙が来ました。小児科健診は受けたのですが、歯科健診は決められた日時に保健所に行かないといけないので都合がつかず、保育園で半年に1度歯科健診をしてくれているので行っていなかったのです。しかし、自治体からすれば健診を受けさせないのは虐待の兆候であるため、早速同封のはがきを返信しました。

 さて、先週驚くべき判決が出ました。

カンガルーケア「後遺症と関連なし」 大阪地裁

 母子の絆を強める狙いで新生児を母親が胸に抱く「カンガルーケア」(早期母子接触)が原因で長女(2)の脳に重い後遺症が生じたとして、大阪府の両親らが府内の病院を運営する医療法人に約2億7600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は11日、両親側の請求を棄却した。

 黒野功久裁判長(杉浦徳宏裁判長代読)は「後遺症とカンガルーケアに関連性があるとは言えない」と述べた。弁護団によると、カンガルーケアを巡っては、さいたま、福岡両地裁などで少なくとも6件の訴訟が係争中だが、判決が出たのは初めて。両親側は控訴する方針。

 判決によると、母親は2010年12月、府内の病院で長女を出産した直後にカンガルーケアを受けた。両親側は、長女の呼吸が途中で停止し、低酸素脳症を発症したと主張し、「病院側がリスクの説明や経過観察を怠った」と訴えていた。

 判決で黒野裁判長は、長女は授乳時に窒息した可能性があると指摘したうえで、「医療関係者でなくても、授乳時に窒息の危険があることは容易に理解でき、回避もできた。病院に防止すべき法的義務があるとまでは言えない」と述べた。

(2013年9月12日09時15分 読売新聞)



 「カンガルーケア」こと早期母子接触(STS)については過去にも「カンガルーケア、誤解しないで」という記事を書きました。カンガルーケアは時々このような事故が報道されるので危険なものと誤解されがちですが、そもそも出生直後の新生児は非常に不安定な存在であり、ケアを行っても行わなくてもある確率で急変が起こりえるので、ケアの有無に関わらず綿密に観察しないといけない、という内容の記事です。

 裁判を傍聴した記者にきいたところ、今回判決が出た事例は出生後に分娩ぶんべん室でSTSを行っていました。赤ちゃんに酸素飽和度を測るモニターなどは付けられておらず、30分に1度観察するという院内マニュアルに基づき、急変に気づくまでの25分間は出産直後の母親と夫と赤ちゃんの3人で過ごしていました。産後約2時間が経過したところで赤ちゃんが呼吸停止し、蒼白そうはくになっているのが発見されたようで、その後蘇生されましたが、脳に重い後遺症を残したとのことです。

 判決によれば、STSにより急変例や心肺停止例は増えておらず、日本未熟児新生児学会が作成中のガイドライン案によればSTSを実施する際に安全面に配慮するよう注意する一方、守らねばならない規則ではないことが指摘されています。また、赤ちゃんに母親の乳首を吸わせていたことについて、授乳は母親と赤ちゃんの「生理的」な行為であり、医療者が指導・監督を行わなければできないような行為ではない。授乳中に赤ちゃんの鼻を塞ぐ可能性があるということが理解できないような特別な事情がない限り、医療サイドの関与がなくとも窒息は容易に回避できるとも判決で述べられ、授乳中の赤ちゃんの窒息は母親の責任であるとの旨でした。

出産直後の母親の状態をわかっているか

 私の理解ではSTSと母親の乳首を吸わせることはセットと言ってよく、STSと授乳を切り離して考えることはできないと思います。また、出産直後(特に2時間)は弛緩しかん出血など母体にも何が起こるか分からず、母体そのものが医療サイドに厳重に管理されるべき存在です。赤ちゃんに乳首を吸わせていようがいまいが、出生直後で疲れきって寝たきりの母親に、赤ちゃんの顔色や鼻腔びくうを常に観察することを期待し、責任を負わせる判決には驚きと怒りを禁じ得ません。

 この事例においてSTSが赤ちゃんの急変の原因になったかどうかは分からないし、推奨されているとは言えSTSの間に実際に酸素飽和度モニターを付けている施設も現実には少数派ですし、その後の後遺症との因果関係も報道からではなんとも言えません。なので、医療サイドに過失があったと言いたいのではありません。ただ、出生直後の母親にそこまで責任を負わせる判決を下した大阪地裁に対して、「出産直後の母親の状態をもっと勉強してから判決を下せよ!」と怒りがわき起こるのであります。むしろ、「出産でどれだけ疲れていても、横たわっていてどれだけ赤ちゃんの顔が見えづらくても、母親がちゃんと観察しつづけるべきだろう」と思う医療スタッフの方がめずらしいのではないかと思います。

 この判決の報道を聞いた医療者で、「STSなんてどれだけ効果があるかわからないのに、人手もかかるし、リスクもあるし、やめてしまえばいい」という意見を述べている人がいました。しかし、繰り返しになりますがSTSで赤ちゃんの急変率が変わる訳ではなく、出生直後に循環動態が大きく変化した赤ちゃんはSTSの有無にかかわらず急変を頭に入れて管理しなくてはならない対象です。母親もしかり。STSするしないにかかわらず、出産後の母子にちゃんと目を行き届かせられることが必要だと思います。

 司法判断は良くも悪くも医療現場に影響をもたらします。この判決で出産直後の母子は30分に1度見に行けば良い、赤ちゃんの観察は母親に任せれば良い、などということになれば安全面が後退するだけでなく、産後ケア推進の観点からも逆行するのではないでしょうか。報道では原告が控訴するということですが、高裁の司法判断を注視したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

son_n_400

宋 美玄(そん・みひょん)

産婦人科医、医学博士。

1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら

このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)。

宋美玄のママライフ実況中継の一覧を見る

17件 のコメント

コメントを書く

再びドイツから

はい

ドイツの助産院で出産しました。産まれてすぐに、助産婦さんがアプガースコアをつけ、その後もきちんと観察してくれたよう記憶しています。産まれる前に、...

ドイツの助産院で出産しました。

産まれてすぐに、助産婦さんがアプガースコアをつけ、その後もきちんと観察してくれたよう記憶しています。産まれる前に、母親に緊急のことがあった場合に搬送される病院の希望をつあえましたが、子どもに緊急のことがあった場合は小児科のある病院に搬送される、もしくは救急の医者に来てもらうと説明されたように記憶しています。

産後は母体の回復を待ってから(私の場合は4時間ほどでした)、自宅に帰ります。その日のうちに、助産婦さんが家庭訪問してくれました。ドイツの場合は、病院で産んでも当日帰宅する人が多く、その場合も、助産婦さんが最初の1、2ヶ月は家庭訪問てくれます。母乳が足りているか、毎日体重を量り、黄疸のチェック、新生児の世話のアドバイス、子宮がどのくらい収縮したかの確認、お腹のマッサージなどをしてくれました。

生後2日目か3日目には、かかりつけの小児科の先生が、自宅に来て、検診をしてくれました。北国なので、ビタミンDのオイルの処方箋も渡されます。

ビタミンKは出産直後に助産婦さんに飲ませてもらい、2度目は、小児科の先生だったでしょうか。うろ覚えです。

病院出産ではなかったけれど、出生直後に母親が一人で赤ん坊の様子を観察しなくてはいけないというようなことはなかったです。(そんなの絶対に無理です!)

記事を読んで、日本の産科不足は本当に深刻なのだなと思いました。

つづきを読む

違反報告

「カンガルーケア」と「早期母子接触」

はらしょう

なにか皆さん誤解しているようなので、投稿させて頂きました。まず裁判の記事の中に「カンガルーケア」(早期母子接触)とありますが、日本では、もともと...

なにか皆さん誤解しているようなので、投稿させて頂きました。まず裁判の記事の中に「カンガルーケア」(早期母子接触)とありますが、日本では、もともとの意味の「カンガルーケア」という表現が誤解を招くので、一般の産科施設では使わないようにしょうという意味で。新たに「早期母子接触」という言葉をつかうことが勧められています。その意味で、きちんと定義を確認しないで、まるでカンガルーケア=早期母子接触であるかのような判決や、議論の進め方は、根本的に間違っています。まず日本周産期・新生児医学会、日本産科婦人科学会などの関係団体による、「早期母子接触」実施の留意点を確認してから、議論を進めましょう。

つづきを読む

違反報告

先生に賛成

たまこ

私は先生の意見に賛成です。>出生直後で疲れきって寝たきりの母親に、赤ちゃんの顔色や鼻腔(びくう)を常に観察することを期待し、責任を負わせる判決に...

私は先生の意見に賛成です。
>出生直後で疲れきって寝たきりの母親に、赤ちゃんの顔色や鼻腔(びくう)を常に観察することを期待し、責任を負わせる判決には驚きと怒りを禁じ得ません。
私は第一子を出産した後、とてもわが子の様子を観察する余裕はありませんでした。
そのくらいお産直後は疲弊しています。母性でどうにかなるものではありません。
また、私は妊婦健診を受け母親学級に参加し、妊婦雑誌を読むような標準的な妊婦であったとおもいますが、それでも、今まさに生まれたばかりの新生児の状態を判断することができたとは思えません。
だからこそ医療が適切に管理する必要があるでしょうし、そのために病院で出産するのだと思うのです。

私が出産した際は、カンガルーケアはものの数分、助産師さん立ち合いの下で行って、すぐに助産師さんが子供を連れていきました。
私はそれで十分だったと思っていますが、一般的にはどのくらいの時間を行うものなのか、基準があるのでしょうか。

余談ですが、健診にしろ母親学級にしろ妊婦雑誌にしろ、妊婦向けに提供されている情報は、子供を産むまでのものばかりです。
その後「妊婦が」受けるケアや退院後の子供の世話の仕方は多少知らされるにしても、「子供が」受けるケアや出産直後の子供の様子など、さほど知らされません。
医療にお任せになっている、医療にお任せにしておけばいいという棲み分けが現状ではないでしょうか。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事