文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

がんと向き合う ~腫瘍内科医・高野利実の診察室~・コラム

yomiDr.記事アーカイブ

「リスクゼロ」の幻想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「ゼロではないリスク」を許容できず、ひたすら「ゼロリスク」を求める「ゼロリスク症候群」。この考え方に陥ってしまうことの最大の問題点は、バランスのとれた判断と、本質的な議論が、できなくなってしまうことにあります。

 ゼロリスク症候群では、「リスクがゼロである(存在しない)」と「リスクがゼロではない(存在する)」の間に、判断の線引きがあります。前回紹介したBSEの問題では、「1億分の1程度のリスク」が、「ゼロではないリスク」とみなされ、大騒ぎになりました。逆に、身の回りにたくさんあるはずの、「未知の病原体に感染するリスク」については、あまり気にしている人はいません。未知のリスクは、マスメディアで取り上げられることもなく、想像する人もあまりいませんので、そんなリスクは、「存在しない」、すなわち、「ゼロである」と、みなされがちです。


リスクがあるかないかの線引き

 そう考えると、「リスクがゼロである」と「リスクがゼロではない」の線引きというのは、

  • リスクの存在を知っているかどうか

  • マスメディアが取り上げているかどうか

  • まわりのみんなが気にしているかどうか

 によって左右されていることがわかります。

 「ゼロに近いがゼロではないリスク」はたくさんありますが、そのリスクが社会問題になっているかどうかで、評価は全く違ってきます。あるものは、わずかなリスクのために、世の中から徹底的に排除され、あるものは、リスクが無視され、「ゼロリスクである」と妄信されています。この線引きは、けっして本質的なものではなく、「気になるか」「目を背けているか」という、気分の問題と言っていいかもしれません。


BSE問題と白装束集団

 日本政府がBSE問題で、米国産牛肉の輸入を禁止した2003年、ある国内宗教団体の信者たちが、「ニビル星が地球に衝突するので避難する必要がある」と訴えて、山奥に集団移動したことがありました。有害電磁波から身を守るために白装束を身にまとっていた彼らの姿は、テレビのワイドショーでも大々的に取り上げられ、お茶の間の話題をさらっていました。

 変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)が怖くて米国産牛肉を食べなくなった人たちが、白装束集団のことを、おかしいと思い、笑っていたわけですが、よく考えてみると、「牛肉を食べてvCJDを発症するリスク」も、「ニビル星が地球に衝突するリスク」も、「限りなくゼロに近いがゼロではないリスク」であるという点で、同じようなものです。少なくとも私には、この2つのリスクに本質的な違いを見出すことはできません。

 それなのに、vCJDの心配をするのが「科学的」で、ニビル星の心配をするのは「非科学的」であると、誰もが信じていました。この線引きは、何によって形作られたのでしょうか? 単に、マスメディアの報道姿勢が違っていただけ、ということなのかもしれません。

 「リスクがゼロである」という状態は、現実には存在しません。「リスクがゼロである」と「リスクがゼロではない」の間に線を引くこと自体が、幻想にすぎないのです。そういう線引きが可能であると信じ、そこに判断の基準をおく「ゼロリスク症候群」の考え方では、世の中を正しく見ることはできず、本質的な議論をすることもできません。


現実的に議論するためのポイント

 では、私たちはどうすればよいのでしょうか? 現実的かつ生産的な議論をするためのポイントは、次の3点です。

(1)

「ゼロではないリスク」をきちんと受け止める

(2)

「リスクがゼロであるかどうか」ではなく、「リスクの程度がどれくらいか」を考える

(3)

リスクとベネフィットのバランスを議論する

 ゼロリスク症候群では、「リスクがゼロであるか、ゼロではないか」という議論に終始しがちですが、そもそも、「ゼロリスク」はありえませんので、この議論自体が無意味です。「ゼロではないリスク」から目を背けて、思考停止していると言ってもよいかもしれません。まずは、リスクの存在を認めるところから始めないと、本質的な議論はできませんし、リスクを小さくする取り組みもできません。

 それなのに、この国では、「リスク」を語ることはタブーとされてきました。国民の間では、「リスク」は毛嫌いされ、「ゼロリスク症候群」が蔓延(まんえん)しています。国や政治家や専門家は、リスクを伴うことを進める際に、上記(1)(2)(3)のポイントを丁寧に説明すべきなのですが、実際には、あまりそういう努力をすることはなく、ゼロリスク症候群に同調して、「リスクはゼロである」と平気で言ってしまいます。そうやって、ゼロリスクの幻想だけが広まり、人々は思考を停止して、大事な議論がなされないままになっています。

 2011年3月11日、私たちは、「未曽有の」大災害と、「未曽有の」大事故を経験しました。「想定外」のリスクが起こりうることを、多くの尊い命の犠牲とともに、私たちは知ったわけです。でも、これだけのことを経験しながら、「この国は何も学んでいないのではないか」と思うことがあります。

 次回は、東日本大震災後の私たちの、「リスクとの向き合い方」を考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

高野先生コラム_顔120

高野利実(たかの・としみ)
腫瘍内科医。東京生まれの神奈川育ち。1998年東京大学医学部卒。2010年より虎の門病院臨床腫瘍科部長。国立がん研究センター中央病院、東京共済病院などで、抗がん剤治療を専門に手がけてきた。がん薬物療法専門医会代表も務める。

がんと向き合う ~腫瘍内科医・高野利実の診察室~・コラムの一覧を見る

最新記事