文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

光トポグラフィー検査…精神疾患 血液量で診断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 簡単な装置で脳内の血液量の変化を推定し、うつ病などの診断に役立てる「光トポグラフィー検査」が注目されている。2009年に国の先進医療に認定され、実施する医療機関は全国24か所にまで広がった。 ◇ 画像の拡大  検査は、頭皮や頭蓋骨を透過しやすく、赤血球中のヘモグロビンに吸収されやすい近赤外線の性質を利用して、主に脳の前頭葉の活性化状態を「可視化」させる。fMRI(機能的磁気共鳴画像法)などを使っ…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事