文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いのちに優しく いまづ医師漢方ブログ

yomiDr.記事アーカイブ

血管のやけどの予防法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 抗がん剤を使ったがん化学療法は、外来通院で行う点滴治療が中心です。内服薬との併用もありますが、1回の治療に数時間が必要で、何種類かの薬を組み合わせて行います。医学の進歩で、治療成績も向上しています。

 しかし、抗がん剤は、その恩恵を受ける代わりに、副作用という試練がついてきます。人によって程度に差はありますが、副作用は必ず出現するといってよいでしょう。

 中でも、点滴治療の際に起こる「血管痛」に悩まされている患者さんがたくさんいらっしゃいます。抗がん剤治療を受けているNさんに聞いたところ、点滴が始まりしばらくたつと徐々に血管に沿って痛みが走るのだそうです。場合によっては、しこりになったり黒ずんでしまったりと、かなりひどいこともあるそうです。

 「病院の看護師さんに聞いても、どうすればいいのか、教えてくれないんだ」とNさんはおっしゃいます。「先生の漢方薬で治してもらえないだろうか」と血管に沿って色素が沈着した腕をさすりながら話されました。

 わたしは「いろんな薬が血管の中を流れるときに、血管の内側がやけどをするために痛みが起こるんです。血管炎を起こしているのです。やけどの程度にもよりますが、ひどい場合は、血管が焼けただれてしまい、黒くなったりしこりになったりします。残念ながらこうなったら、もう、元には戻りません」と説明しました。

 がっくりと肩を落とし、悲しそうな顔をしているNさんにわたしは、「今後、抗がん剤の治療を受けるときに誰にでもできる簡単な予防方法がありますから一度、試してみてはどうですか」と次のような提案をしました。

「エコノミークラス症候群」にヒント

 この方法を行うには、まず、血管の仕組みを知る必要があります。体の中を走る血管は大きく動脈と静脈に分かれます。点滴をする血管は、静脈です。静脈を流れる血液は手足の末端から心臓に向けて流れていきます。心臓の力で流れる動脈と違い、静脈の血液は静脈の周囲を取り囲む筋肉の働きで流れるようになっています。このため、長時間同じ姿勢をして静脈の中の血液が流れないままになっていると、固まってしまうことがあります。この固まった血液が肺の血管につまる病気が深部静脈血栓症、別名エコノミークラス症候群です。

 つまり、静脈の血液はじっとしていると流れがゆっくりになってしまいますから、飛行機や電車などに長時間座ったままの姿勢でいる場合は、定期的に足首を動かすなどの予防策が必要となるわけです。

 そこで、抗がん剤を点滴するとき、患者さん自身で意識的に点滴している腕の筋肉を動かしてみてください。すると停滞していた静脈の中の血液が動き、血管のやけどが軽くなります。やけどが軽くなれば血管痛も軽くなりますから、血管炎の予防につながります。

 じっとわたしの話を聞いていたNさんは、「なんでそんな簡単な方法をもっと早く教えてくれなかったんだろう」と話しながら、「今度、抗がん剤治療を受けるときに早速やってみますよ」とうれしそうに帰っていかれました。

 がん治療で起こるいろいろな問題は、漢方医学や漢方薬を使わないで解決できることもあります。患者さんたちに元気になってもらう方法をこれからも頑張って考えていこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いまづ医師の漢方ブログ_顔120

今津嘉宏(いまづ よしひろ)

芝大門いまづクリニック(東京都港区)院長

藤田保健衛生大学医学部卒業後に慶應義塾大学医学部外科学教室に入局。国立霞ヶ浦病院外科、東京都済生会中央病院外科、慶應義塾大学医学部漢方医学センター等を経て現職。

日本がん治療認定機構認定医・暫定教育医、日本外科学会専門医、日本東洋医学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医

いのちに優しく いまづ医師漢方ブログの一覧を見る

4件 のコメント

納得しました

うなぎいぬ

今、虫垂炎の治療中で、24時間点滴を打っているのですが、左腕が血管痛で痛くてたまらなくなったので、右腕に代えてもらったところ、左腕に比べ、そこま...

今、虫垂炎の治療中で、24時間点滴を打っているのですが、左腕が血管痛で痛くてたまらなくなったので、右腕に代えてもらったところ、左腕に比べ、そこまで痛くないので、どうしてかな?と思っていました。
先生の軽減方法を読んで納得しました。点滴部位は動かさない方がいいのかなと思って、じっとしてたのですが、右だと利き手なのでどうしても動かしてしまう、すると左腕より痛くない、これは先生の言っていることは本当だなと思いました。
辛い方はたくさんいらっしゃるので、みなさん、この方法で軽減されるといいなぁと思います!

つづきを読む

違反報告

大学病院の欠点?

抗がん剤が怖い

今、当に血管炎と筋肉痛で二夜寝ていません。今朝ようやく鎮痛剤が出ましたが、痛みは和らぎません。大学病院では担当医の年齢が若く経験が少ないために対...


今、当に血管炎と筋肉痛で二夜寝ていません。今朝ようやく鎮痛剤が出ましたが、痛みは和らぎません。大学病院では担当医の年齢が若く経験が少ないために対処法方が、上の医師の返事待ちの為に処方薬がすぐには届かず。患者は、待ち時間を痛みと闘いながらひたすら待ちます。
次回の抗がん剤の時には腕の筋肉を動かしながら点滴を受けてみます。
良いアドバイスをありがとうございました。

つづきを読む

違反報告

血管のやけどにびっくり

ゆうざぶろう

これは特別な症状ですか。ほかの病気でもあるのではないですか。点滴がつらいです。この方法でみんな楽になるといいですね。

これは特別な症状ですか。
ほかの病気でもあるのではないですか。
点滴がつらいです。
この方法でみんな楽になるといいですね。

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事