文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

3件 のコメント

痛みを感じない針

めざめたじいさん

かかりつけの病院の採血室、朝早くから順番待ちの人の群れ。ちょっと調子が悪いと「採血してきてください」と言われるから。

採血する前に、「血管が細いです」との申告で、針を替えてくれます。30G、最も細い針のようです。時間はかかりますが痛くはありません。

新人さんは、互いの腕から採血する練習をしてると聞きました。

30年ほど前と注射や採血方法がすっかり変わりました。当時予防接種は1回に5人分ほどの薬剤を吸い上げ、メモリを見ながら次々刺しました。針の先が摩耗してくると痛いのです。切れ味がなくなるので。

埼玉のシニアさま、貴重なご助言有難うございます。男性だけにある部所の血管は、採血の時変化する可能性があるのでそこからは採血しないでしょう。本来はそれ自身が注射器です。

違反報告

はい どうぞ!

埼玉のシニア

元来注射と聞くと心臓がギュッとします。嫌いです。痛いもの。

ところが大宮自治医大の採血の方はどなたもうまく採血が苦にならなくなりましたが、どっこい他に行きましたが痛いし、思わず心の中で、へたくそ、この野郎、おれを殺す気か、などと叫んでしまいました。

どうしても注射の時は横を向きますが、じっと見てる人もあります。横を向き、目をつむり、有ることないこと考えて気を紛らわしますが、困ったことに本当に下手な人もおるのです。

それにしても、注射機会の多いめざめたじいさんの場合は、こうしましょう。先生のブログにある様に、注射はどこでも良いので自分の体のどこに浮き出る血管が有るかを、あらかじめ看護婦さんとみつけて置かれることです。

どうしても腕でなければいけないということはないようですが、全ての血管が埋もれているはずがないので、どこか有るはずです。腕の血管と同じ太さのところですよ。男性自身は除く。

注射の時に、心で歌う歌は 屋根の上のヴァイオリン弾き がいいですよ。
いつもおんぶしてた 可愛い小さな子
昨日までは小さな子が、、、、
はい どうぞ。

違反報告

細い血管、採血師泣かせ

めざめたじいさん

心臓疾患、眼疾患、前立腺疾患・・・などを抱え、病院で採血する機会が多い。大腸内視鏡を受けたときのこと、血管が見つからず看護師さん5人がお手上げでした。6人目のお医者さんが探り当ててくれました。ためし刺しした腕にあざが幾つも残りました。

それ以来、採血するときは事前に「血管が細いです。私の腕から1回で採血できたら名人です」と言うことにしています。「分かりました、そう言われると心構えが出来ます。針も替えて・・・」と注意深く針を刺してくれます。「入りました」「有難うございました、名人ですね」と礼を言う。

親しいお医者さまに伺うと、血管の細い人は事前に申告した方がいいですよと言います。いつもより細心の注意を払って臨めるからだそうです。
 その上アルコール過敏症ですから、消毒に別のものを使っていただきます。世話の焼ける患者です。

違反報告

記事へ戻る