文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

進む再生医療・軟骨(1)自家培養で欠損埋める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
   「人工関節も覚悟したけど、最先端の治療を受けられて本当に良かった」  広島市の会社員高橋真由美さん(34)は、今年6月中旬、広島大病院(広島市)で右膝の手術を受けた。今年度から保険適用になった膝軟骨の再生医療で、高橋さんは実用化後第1号の患者だ。  小学生の時から20年以上バレーボールを続けてきたが、5年前から右膝が痛み、昨年春には歩けないほどに悪化した。近くの病院で検査を受けると、膝関節の…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事