文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

女優 遠野なぎこ さん 33

一病息災

[女優 遠野なぎこさん]摂食障害(2)母から「吐けばいいのよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 少女時代に女優志望だった母は、夢を子どもに託して、当初、弟と妹を児童劇団に入れた。ところが思いがけず、劇団スタッフに声をかけられて、自分も子役をやることになった。

 最初に端役で出演したテレビドラマがヒットすると、母は突然、バレエやピアノ、書道と習い事をさせた。「ママに認められた」。舞い上がる気持ちで習い事も劇団も熱心に通ったが、母への思いは空回りした。

 「他人には私のことを自慢しても、私がうらやましいのか、自分が目立ちたいだけなのか、面と向かってはほめてくれなかった」

 16歳の時、ドラマの仕事も順調に入り、事務所の方針で雑誌のグラビア撮影もするようになった。当時、高校の夜間部に通いながら、育ちざかりの弟や妹の食事の世話もしていた。無意識のうちにつまみ食いをして、体重が増えていた。

 「後から考えれば、55キロぐらいだから思春期の女子としては普通。でも自分の醜さを母に刷り込まれていた私は、グラビアの自分の体が見るに堪えなかった」

 そんな時、母が言った。「吐けばいいのよ」。最初は食べ過ぎた時だけのつもりが、すぐに毎日の習慣化し、コントロールできなくなった。「白湯(さゆ)を飲むと吐きやすい」「麺類を最初に食べた方がいい」などと助言する母自身、実は過食嘔吐(おうと)を繰り返していたことは後で知った。

 女優 遠野(とおの)なぎこ さん 33

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

女優 遠野なぎこ さん 33

最新記事