文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

俳優 佐藤B作(さとうびーさく)さん 64

一病息災

[俳優 佐藤B作さん]胃がん(4)体調安定 精力的に舞台

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 命には限りがある――がんになって初めて、自覚した。

 昨年末の中村勘三郎さんの訃報に接し、さらにその思いが強まった。勘三郎さんの一言で、人間ドックを受診し、がんが見つかった。以来、歌舞伎を見に行くたびに、「俺は命の恩人だからね」とおどけて迎えてくれた。必ず元気に戻ってくると信じていたので大きなショックを受けた。

 がんに負けないためにも、仕事も遊びも、何一つおろそかにしない、と改めて誓った。

 今は体調が落ち着いており、精力的に舞台に立つ。「香華」(7月5日~22日、新橋演舞場)、「その場しのぎの男たち」(10月18日~31日、下北沢本多劇場)などが続く。

 2015年春には、三谷幸喜さん書き下ろしの新作舞台がある。主宰する劇団「東京ヴォードヴィルショー」の40周年記念公演で、故郷・福島市で幕開けだ。

 まだまだ、やりたいことがある。「年のせいかな。ドタバタじゃなく、悲喜劇をやりたい。悲しみがあるからこそ、喜びも大きくなる。そう感じてもらえる作品を仕上げたい」

 願わくは、劇場全体が笑いに包まれ、幕が下りた瞬間に最期を迎えたい。そんな思いを抱きつつ、走り続ける。(文・中島久美子、写真・増田教三)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

俳優 佐藤B作(さとうびーさく)さん 64

最新記事