文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

石井苗子の健康術

yomiDr.記事アーカイブ

映画「スター・トレック」を3Dで見て 高齢者の鑑賞は要注意?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

(試写会も世代交代です)

 映画のマスコミ向け試写会にタレントを招待して写真を撮り、インタビューで感想を聞き、レッドカーペットを敷いた所を有名人が歩くという宣伝がありました。

 今はかなり変わりました。そんな大掛かりな宣伝は、少なくなりました。テレビの宣伝も変わりました。「もう最初から涙が止まりません」と一般女性のコメントを映すのが目立ちます。何のどこがどう良かったかは、言ってはならないのです。映画評論家より、インターネットやフェイスブックのカリスマたちの評価、あるいはツイッターの力が絶大なのでしょうか。

 この夏日本で公開予定の、映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の完成披露試写会の案内が来ていたので電話をすると、「すでに申し込みシステムからの予約で満席です」とアッサリ断られてしまいました。

 「世の中変わったな~」と思いました。以前のように招待状を持って行くだけでは入れてもらえないのです。インターネットからの申し込み方法は、案内状の中に細かく小さい字でやり方が書いてあります。高齢者には読みにくいし、分かり難い。運よくキャンセルが出たと連絡が来たので行ってみれば、申込みをした方々が長い列を作って並んでいらっしゃいました。著名な方々のお顔もちらほら見えましたが、全席自由席なので、よい席に座ろうと並んでいらっしゃるんです。受付時間は厳守。列が長いから先に始めましょうとはなりません。こうした事とは知らず、昔のように案内状だけを持参して呆然としている方もいらっしゃいました。まさしく「ならぬものはならぬ」と言った状態なので、私はじっと待ち続けました。

 私はこのブログで宣伝をしたかったのですが、配布された紙に「くれぐれもストーリーの展開を他言されないよう堅くお願い申しあげます」と書いてあり、ここでも「ならぬものはならぬ」の状態です。ただ、3Dメガネをかけて映画を鑑賞するのでメガネを帰りにお土産にいただきましたが、この3Dという状態で映画を見るのは、何歳までの男女が楽しいと思うのか、あるいは何歳以下は気を付けた方がいいのかと、考えさせられました。

 3D映像は、通常の視界からかけはなれた体験をすることになります。すでにご存じの方も多いとは思いますが、最近はもっと進化していて、目の前に宇宙人が立っているような視界が広がることもあり、私なんか恐ろしくて席を立ちそうになってしまいました。自分が高いところに飛んでいるような感覚になるなんて、すでに当たり前のような感じです。

 日常生活をしていてあのような感覚はまず味わうことはないでしょうから、それで人気があるのかもしれませんが、高齢者はめまいに襲われるのではないかと心配になりました。私のような年代が見るには注意が必要だと。

 だから最初から観客動員の対象外にされているのかもしれませんが、逆に一度は体験してみるのもいいのではないかと思います。非日常の刺激に対して、自分の感性や神経がどこまで柔軟性があってついていけるかどうか、それが分かります。健康法と言うのは大げさかもしれませんが、案外気に入ったなんて発見がある人がいるかもしれません。年齢はもしかしたら関係ないのかもしれません。

 映画を3Dで見る。「スタートレック」の宣伝はこれだけでいいんじゃないかと思ったぐらいです。キャッチフレーズは「人類最大の弱点は、愛だ」でした。これも時代を感じますね、「最大の武器は、愛だ」ではないのですから。

 ネタをばらさないでくださいと言われましたが、ストーリーより3Dです。最後のタイトルロールだけでも何千人の人がこの映画にかかわったのだろうかと思わせるような制作スケールの大きさでした。

 劇場を出るとき私の後ろを歩いていた男子がつぶやくのが聞こえました。

 「こんなの作られたら、日本映画はかなわないよな~~」と。娯楽映画という意味では、そうかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

石井苗子さん顔87

石井苗子(いしい・みつこ)

誕生日: 1954年2月25日

出身地: 東京都

職業:女優・ヘルスケアカウンセラー

石井苗子の健康術の一覧を見る

2件 のコメント

上の

みゆ

上の年齢制限もそうですが、どのくらいの子供からなら見ても大丈夫なのか、疑問に思っています。発育中の脳が誤作動を起こさないかしら?とか。石井さんの...

上の年齢制限もそうですが、どのくらいの子供からなら見ても大丈夫なのか、疑問に思っています。
発育中の脳が誤作動を起こさないかしら?とか。

石井さんの文章、わかりやすいし、とても読みやすいし、知性が感じられて好きです。
これからも楽しみにしております。

つづきを読む

違反報告

こういう映像は苦手です

さつまおごじょ

私はアメリカに姉がいるので時々訪ねますが、一番の苦手は観光名所でまず見せられる「立体映像」(?)です。  自分に向かってウワーッと飛行機が突進し...

私はアメリカに姉がいるので時々訪ねますが、一番の苦手は観光名所でまず見せられる「立体映像」(?)です。  自分に向かってウワーッと飛行機が突進して来たり、ごていねいにも座席まで大揺れしたり、自律神経失調気味の私にとってはプチ拷問でしたわ。  

でも周りの皆さんが平然としているのを見てすっかりいじけていました。  いろんな所で「ついて行けない自分」を感じています。


つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事